今注目の幹細胞を使用した化粧品、 肌への効果のほどは?

コスメ 幹細胞

化粧品やエステ、美容の世界で今、もっとも注目を集めていると言える幹細胞培の名がつくコスメ。 細胞レベルで肌にアプローチする幹細胞を毎日のスキンケアでカンタンに補えることができれば、まさに理想的ですが、現実にそんなことが叶うのでしょうか?

まだまだ未知の世界である幹細胞、一体どんなもので、どんな効果が望めるのでしょうか?

幹細胞ってどんな細胞?

私たちの身体は、受精卵という一つの細胞が分裂を繰り返しながら人間として誕生しました。誕生後も人体の中では、細胞が入れ替わったり、分裂したりしながら何十兆といった途方もない数の細胞で構成されています。その莫大な数の細胞の中には寿命が短いものや、怪我や病気で失われてしまうものもあります。そこで失われた細胞の代わりとなる重要な働きをするのが幹細胞です。

・幹細胞の能力

幹細胞には自分と同じ細胞を増やす自己複製能力と、違った形の細胞に変化する分化能力という2つの能力があり、言い換えればどんな形の細胞にでもなりうる能力があるのです。幹細胞は損傷したり、消失したりした細胞の代わりとなり、身体の中の傷口を修復してくれます。しかし、重要な働きをする幹細胞の数量は年齢とともに減少してしまいます。そのため年齢を重ねると傷が治りにくくなったり、体調を崩しても戻りにくくなったりします。

・肌でも重要な役割が

肌にも同じことがいえます。肌にある幹細胞は、美肌には欠かせないコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生み出す元になる線維芽細胞を生み出すという重要な働きがあります。肌が紫外線やストレスなどでダメージを受けても、幹細胞が線維芽細胞を生み出し、肌の内側から修復してくれます。しかし、幹細胞が減少してしまうと肌がダメージを受けても回復させる力が足りなくなり、シワやシミ、たるみとなって肌に刻まれてしまうのです。

 

幹細胞を補うには、どうしたらいいの?

すなわち老化してしまった肌を回復させるためには、コラーゲンやヒアルロン酸以上に、大本となる細胞、幹細胞が必要なのです。幹細胞を補うことができれば、新たに肌にとって大切な有効成分コラーゲンやヒアルロン酸、そしてそれらを生み出す線維芽細胞すら次々に生み出してくれることが望め、肌が細胞の力でいつの間にか若返ることになります。しかし、現実にそんなことが叶うのでしょうか?

・コスメに幹細胞は入っていない

注目の幹細胞コスメは、その名前で勘違いしがちですが、成分に幹細胞は含まれていません。では何が含まれているかといえば、ヒト幹細胞培養液と植物由来の幹細胞です。ヒト幹細胞を培養する時にできる成長因子やコラーゲン、ヒアルロン酸、たんぱく質などの成分、もしくは植物から採取した植物由来の幹細胞が化粧水や美容液に含まれています。よって、有効成分はたっぷり含まれていても、幹細胞と同じ働きは期待できません。

・エステでも幹細胞は使用していない

エステでの幹細胞という名前もコスメと同じく幹細胞培養液、もしくは植物由来の幹細胞が使用されています。エステでは通常のフェイシャルのコース同様、肌に美容成分が浸透しやすい土台を作った上で、幹細胞培養液を浸透させていきます。

・幹細胞を補えるのは特定の医療機関だけ

じつは、幹細胞そのものを補うことができるのは、現時点では厚生労働省から認可を受けた特定の医療機関だけです。医療機関では自分の幹細胞を培養して増やすことができます。

 

医療機関で幹細胞を補う、再生医療

医療機関で幹細胞を補うために、まず自分自身の幹細胞を採取して、培養させる必要があります。採取する場所は腹部の皮下脂肪ですが、ほんのわずかなため、痩せ型でも問題なく採取できます。採取する時間も負担も少ないのも特徴です。専門の施設で採取した皮下脂肪から幹細胞を抽出し培養後、点滴で幹細胞を補充します。

点滴で補充された幹細胞は血液に乗って全身を巡り、細胞の損傷を見つけては補充して回ります。当然肌にも幹細胞が行き渡り、肌に足りなかった幹細胞も補充され、新たな線維芽細胞を生み出すことが期待されます。補充する幹細胞は誰のものでもない自分自身の幹細胞のため、アレルギーや拒否反応のリスクは他人の幹細胞を使う場合とはまったく異なります。

 

・これまでのエイジング治療との相違点

今までのエイジング治療では、例えばシワならばできてしまったシワをヒアルロン酸やコラーゲンで外側から埋めていく方法でした。手軽な施術ですが、肌に吸収されるたびに繰り返し行う必要があります。例えばシミならばできてしまったシミをレーザーなどで取っていました。シミは取れても、シミができる原因は取れないため、また再びシミができるリスクは残ります。なぜならそれらは対処療法であり、根本的な解決方法ではなかったからです。

幹細胞を補充することは、どれか一つの症状に働きかけるのではなく、肌老化の根本的原因、細胞の減少に対応するため、これまでにはなかった根本的な解決になりうるのです。

幹細胞が増えることで、肌に足りなかった多種の成分が再び身体の中から生まれ、肌を内側から改善してくれます。それはまるで時間を巻き戻すようにゆっくりといつの間にか数年前の肌の状態に巻き戻すことすら可能です。

幹細胞療法は、同じ幹細胞という名を謳った医療行為以外のものとも、またこれまでのエイジング治療ともまったく違うものであることがわかります。

・肌以外の効能

また幹細胞療法は、全身に作用します。皮膚の若返り以外にも血管や関節、脳や脊髄、その他いろいろな部位の細胞の損傷を修復することも期待されます。更年期症状などの改善にも高い効果があるとされています。美容上の観点から肌の若返りを望む女性だけでなく、男性にとっても有意性のある治療だといえます。

ここ数年、再生医療、幹細胞の話題に事欠きませんが、すべて一緒くたにすると誤解が生じます。それぞれの違いを把握した上で新しい美容法、健康法にチャレンジしたいですね。

この記事のキーワード一覧

RELATED POST

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~