幹細胞の効果の実態
老化は止められる!?

効果 幹細胞

近年美容の世界では、「幹細胞」「肌再生医療」など耳新しい言葉が現れて、これまでの美容の概念を覆すような大きな成長を遂げています。それに付随して「幹細胞培養液」「幹細胞コスメ」など似たようなワードも出現し、実際製品を手に取る消費者にとって混同しがちな現状になっています。いったい幹細胞とは何のことなのでしょう? そして美容医療の分野ではどう活用され、どんな効果が望めるのでしょう。化粧品やエステでも見かけるものと美容医療で使用されているものとの違いは何なのでしょうか? いまひとつ理解しきれない幹細胞について効果の実態を探ります。

幹細胞について

現在再生医療の分野では、脂肪由来の幹細胞を使用した新たなる治療が行われるようになりました。その一環として美容面では、肌のエイジングケアとして幹細胞補充療法を行い肌の若返りを叶えています。なぜ、幹細胞を補充することで肌の若返りが望めるのでしょうか?

幹細胞の働き

人間の身体は何十兆もの細胞が集まってできています。すべての細胞は身体の組織や器官の中でそれぞれ役割を持ち人体を構成していますが、中にはすぐに消滅してしまう細胞や、病気や怪我でダメージを受け消滅してしまう細胞もたくさんあります。そこで、消滅した細胞の周辺に集まり細胞に分化して組織を修復させる重要な役割を担うのが幹細胞です。

幹細胞の能力

自分と同じ能力を持った細胞に分裂することができる「自己複製能力」と幹細胞には、さまざまな細胞に変化する「分化能力」という2つの能力があります。その能力を活かして、身体のあらゆるところで足りなくなった細胞を補っています。その幹細胞の働きがあるから怪我した場所は治癒し、疲弊した身体は回復するのです。しかし、年齢を重ねていくと幹細胞の総数自体が減少してしまいます。そのため新しい細胞を作りづらくなり、全身の回復のスピードも遅くなります。肌も同じことが言えます。

幹細胞が増えると肌はキレイになる

年齢を重ねるとコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった肌の美しさ、若さを支える有効成分が減少してしまいます。またそれを生み出す線維芽細胞も減ってしまうため、有効成分は減るけれど、新たにはあまり作り出されない状態になります。そのため、ハリや潤いが減り、シワ、たるみ、くすみを招きます。

これまでの肌に対するエイジング治療では、それらを解消するためにヒアルロン酸やコラーゲンを注射したり、肌に塗ったり、サプリで取り込んだりしていました。その方法では一時的に問題は解消されることはあっても、効果は短くすぐに元にも戻るため、定期的な治療が必要でした。そこですべての細胞の生みの親である幹細胞を補充することが考えられるようになりました。幹細胞を補充することができれば、幹細胞が足りなくなった線維芽細胞を生み出し、その線維芽細胞がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった有効成分を生み出してくれるため、長期的な症状改善が望めます。

幹細胞を補うには

しかし幹細胞を補うといっても、それは簡単なことではありません。現在では厚生労働省に認可を受けた、限られたクリニックのみで行われている療法です。

補充方法

治療が決まったら、患者本人のお腹の脂肪から脂肪細胞を採取します。その後専用の施設で脂肪細胞の中から幹細胞を抽出後、培養、活性化と増殖を行ったのち、点滴で体内に再注入します。点滴で補充された幹細胞は体内を駆け巡り身体中の細胞が損傷している箇所を修繕して回ります。「ホーミング効果」と言われる動きで肌の線維芽細胞の絶対数が足りなければそれを補うため、肌への細胞補充が自然と行われます。その結果、肌の若返りが望めるというわけです。
もちろん、幹細胞は身体中をめぐるため肌の再生は顔だけに止まらず角質化が目立つひじや膝、ザラザラした二の腕でなどの全身の肌の新陳代謝も促します。

補充できるのは限られたクリニックだけ

限られたクリニックでのみ受けられる治療と言いながら、エステや市販されている化粧品にも幹細胞と名がつくものが散見されだしました。しかしそれらは幹細胞を培養した時に出る培養液を使用したものにすぎません。幹細胞を培養する時に出る培養液には成長因子やサイトカインを始め、細胞外タンパク質を豊富に含んでいます。そのため美容成分としては有効であるかもしれませんが、幹細胞自体とはまったく別のものになります。またヒト由来ではなく植物由来の幹細胞を使用していることもあります。クリニックで受ける幹細胞療法は、本人の幹細胞そのものを使用します。エステや化粧品に関してはくれぐれもそこを理解した上で判断する必要があります。

幹細胞の効果は他にもたくさん!!

幹細胞を補充することで得られる効果は肌の若返りだけではありません。年齢を重ねることによる不具合は肌だけではなく身体のあらゆるとことに現れます。ホルモンが減ることで起こる男女の更年期症状、肩こり、倦怠感、疲労感、不眠など、はっきりした病名は付かなくてもなんとなく調子が上がらないという症状を誰でもが抱えているものです。そんな症状を改善するのに、幹細胞療法は最適です。
また、AGA治療(男性型薄毛)に関しては幹細胞培養上清を使用した治療法で、改善が望めます。その他にも今後は、脳出血、脳梗塞、アルツハイマーなどの脳疾患、肝炎、肝硬変などの肝臓疾患、COPD 、関節性肺炎などの肺疾患、心筋梗塞、歯周病、その他関節や血管などの若返りの治療などさまざまな疾患に対する幹細胞を使用した治療への高い期待が集まっています。

論理的に言えば、幹細胞さえ補充することができれば全身の老化を止めるだけでなく、数年前の自分の状態に戻すことさえ夢ではありません。それはいつまでも美しくいたいと願う女性だけでなく、変わらずにいたい全人類にとって希望となる治療です。今はまだ気軽に受けられる治療ではありません。ただし現実にも受けられる治療として実在していることは非常に嬉しいことです。

幹細胞はすでにここまでの高い効果を上げています。今後ますますエイジングケアを始め、あらゆる場面のケアで核となる治療法になるのではないでしょうか。

この記事のキーワード一覧

RELATED POST

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~