エイジングケアに対する可能性、
握るのはヒト幹細胞

ヒト 幹細胞

ここ数年、新聞やメデイアで幹細胞という名が耳目をひく機会が増えてきました。しかし、だからと言って幹細胞そのものが何であり、どんな効果を生み出すかまではなかなかわからないという声が多いのではないでしょうか。知っているようで知らない幹細胞の持つ効力と、エイジングケアに対する可能性についてもっと多くのことを知りたいと思いませんか?

幹細胞とは?

幹細胞とエイジングケアにどう関係があるかというと、それは幹細胞が持つ力に答えがあります。そもそも幹細胞とは私たち人間の体の中にある細胞の一種です。人の体は一つの受精卵から誕生し、分裂や変化を繰り返し、約37兆個という細胞で構成されています。その細胞は日々消滅したり、病気や怪我で細胞がダメージを受けて傷ついたりすることがあります。その時足りなくなった細胞を補充するのが幹細胞の役割です。
幹細胞には、さまざまな細胞に変化する「分化能」と自分と同じ能力を持った細胞に分裂することができる「自己複製能力」という2つの能力があります。

幹細胞は2種類に分けることができる

幹細胞は大きく分けると2種類に分けることができます。皮膚や血液など決まった細胞を作り続ける「組織幹細胞」。そして必要に応じてどんな細胞も作り出すことができる「多能性幹細胞」です。その2種類の幹細胞が欠落した幹細胞の代わりとなり生命体を維持してくれています。
いっときの間何にでもなれる多能性幹細胞の能力を医療に活用し、ダメージを受けた臓器の代わりになる新しい機能を作れるのではないかと期待が寄せられていました。しかし多能性幹細胞での活用は困難な上リスクも高いなど問題点が浮き彫りになったことで現在は普及に至っていません。

組織幹細胞を治療に応用

しかし同じ細胞を作り続ける組織幹細胞にも一定の分化能があることが明らかになり、再生医療の分野では組織幹細胞を使った治療が現実のものとなりました。組織幹細胞はすべての細胞に分化されるわけではなく、まだまだ研究開発中の新しい治療のため、治療に応用されているのはごく一部ですが、どれも高い治療効果を上げています。
幹細胞は動物由来も植物由来の幹細胞もありますが、再生医療に使用する幹細胞はヒト幹細胞のみです。

ヒト幹細胞が応用されている治療について

具体的にどういう疾患について臨床応用されるかというと、更年期症状などのエイジングケア症状全般、皮膚、血管、関節などの若返り、糖尿病、慢性腎臓障害、アルツハイマー病、肝硬変、関節性肺炎、AGA治療などに対する効果が期待されています。全身のエイジングケアに対する治療項目が多いのは、理由があります。幹細胞は年齢とともに減少してしまいます。そのため細胞にダメージを受けても、補充する幹細胞の絶対数が足りないため、不調を残したままになりがちです。そこで幹細胞を補うことができると細胞を補充し、自らの力で再生が望めるため高い治療効果が期待できるのです。

男女の更年期症状に

ナチュラルハーモニークリニックでは、幹細胞を使用した男女の更年期症状など、加齢が原因で起こる体の不調に対して幹細胞補充療法を行なっています。具体的には患者さん自身の脂肪細胞(腹部からほんのわずか採取します)から幹細胞を取り出し、専用の施設で培養と増殖を行い、点滴にて体内に戻します。1回の投与で約8,000万個〜1億5.000万個の最適な状態の幹細胞を点滴で投与します。投与された幹細胞は血液に乗って全身に流れ、その途中で細胞に損傷がある箇所を自ら見つけ、修復しながら全身をパトロールしてくれます。損傷を受けた細胞が修復されるため、年齢を重ねたことによる全身の不調に効果的なことはもちろん、髪の毛の増毛や美肌にも効果が望めます。

美肌効果も

なぜ顔のエイジングケアにも効果が大きいかというと、年齢を重ねると顔にはシミやシワといった老化サインが現れます。これはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった肌のハリやみずみずしさを支える有益な細胞が減少してしまうからです。この細胞を生み出しているのが線維芽細胞ですが、線維芽細胞も紫外線や加齢の影響でどんどん減少してしまいます。この線維芽細胞を生み出しているのは幹細胞のため、点滴療法で幹細胞を補うことができると、新たに線維芽細胞を生み出し、さらにその線維芽細胞がコラーゲンなどを生み出します。体の中からコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が生産されるので、更年期症状を改善しながら、気がついたらいつの間にか肌まで一緒に若返るという経過をたどります。

これまでのエイジング治療との違いは?

経過でわかる通り、これまでにあったエイジング治療と、幹細胞を使用した治療はまったく違うものです。これまでは更年期障害ならば足りなくなったホルモンを外から補充する、シワならば外側からヒアルロン酸を補充する、など外から足りないものを補う対処療法を行なっていました。そのため、根本的には何も解決はしていない状態です。その上、いずれも対処を繰り返す必要があり、治療をやめてしまえば元に戻ってしまうのも難点でした。幹細胞補充療法は、1度幹細胞を補充すると後は自らの力で新しい細胞を作り出すため。根本的な問題解決にすらなり得ます。また、補うのは自分の細胞ですので、副作用や拒絶反応といった心配が少なくてすむことも大きなメリットです。また自分の細胞の力で若返るため、どこにも違和感なく、時間を遡る感覚のエイジングケアが叶います。
まさに願ったり叶ったりの、大きな可能性を感じる治療法ですが、受けることができるクリニックは厚生労働省が認可したごくわずかなクリニックだけで、費用も非常に高額です。その点ではまだまだ手が出し難い治療であると言えます。

類似治療と混同しないで

限られた医療機関でしか受けられない治療でありながら、幹細胞と名がつくものは化粧品でもエステでも最近よく目にします。名前が似ているため混同しがちですが、化粧品やエステで使われている幹細胞と銘打っているものは、幹細胞を培養した時にでた培養液、もしくは植物由来の幹細胞を使用しています。培養液にも多少の成長因子は含まれていて美容効果もあるものと思われますが、ヒト幹細胞本体とはまったくの別物です。手に取るときは別なものであることを承知の上で選ぶ必要があります。

幹細胞という細胞、名前は有名になっているものの、その実態は思うほど浸透はしていません。よく知れば知るほど偉大な幹細胞が誰でもカンタンに補える日も意外と近くなのかも知れません。

この記事のキーワード一覧

RELATED POST

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~