美容治療に意識が高い、韓国でも注目の再生医療 「自己脂肪由来間葉系幹細胞療法」とは

幹細胞 幹細胞治療とは

年齢を重ねるごとに増えてくる、肌や身体の不調。今までと同じような生活をしていたはずなのに肌のトラブルが続く、疲れが取れない、やる気が出ない、など複数の不調が現れることを多くの方が経験しているのではないでしょうか。その大きな要因に身体の組織を再生、修復してくれる幹細胞の数が減少してしまうことがあります。

幹細胞の働き

幹細胞が減少してしまうと、なぜ肌や身体に不調が出るのでしょう。人間の身体は何十兆という細胞で構成されていますが、その細胞の中には血液や皮膚といった絶えず入れ替わり続ける細胞があります。また怪我をしたり、病気をしたりするとその分の細胞が傷ついたり、失われることもあります。幹細胞は失われた細胞を見つけては修復したり、補充したりしながら身体を維持していく、人体維持に欠かせない役割を持っていますが、年齢とともに幹細胞の総数は次第に減少していきます。そのため足りなくなった幹細胞を補いきれず肌にはシワやたるみができたり、怪我した場所が治りにくくなったりと身体修復能力も下がっていくのです。

・幹細胞が持つ2つの特性

幹細胞には2つの特性があります。皮膚や血液などさまざまな細胞に変化する「分化能」と、自分と同じ形、能力を持つ別の細胞を作り出す「自己複製能力」です。

・幹細胞の種類

幹細胞には、消滅した細胞の代わりを造り続ける「組織幹細胞」とどのような細胞も作り出せる「多能性幹細胞」の2種類があります。

多能性幹細胞はどんな細胞も作り出すことができるため、再生医療の現場ではこれまで回復が難しかった多くの症例に応用しようと研究開発を続けていますが、現状では安全性の問題などまだいくつもの課題があります。

一方、骨髄や皮下脂肪の中にある組織幹細胞にも一定の分化能があることがわかっていますが、こちらは安全性、取得方法などに問題がないとされたため、実用化が急速に進み、近年多くの施術が行われています。その際最も多く使用される幹細胞が「自己脂肪由来間葉系幹細胞」です。

自己脂肪由来間葉系幹細胞を使った幹細胞療法

脂肪由来間葉系幹細胞とは、その名の通り皮下脂肪の中に含まれる幹細胞です。脂肪由来の間葉系幹細胞は、骨、軟骨、脂肪細胞など分化できる細胞の種類は限られるものの、高い増殖能力があり、培養して投与することで不足している細胞を新たに大量に生み出すことが期待されます。

ナチュラルハーモニークリニック表参道で現在行われている幹細胞療法は、「自己脂肪由来間葉系幹細胞療法」です。年齢を重ねたことが原因で起こる不調に悩む患者さん自身から間葉系幹細胞採取し、培養したものを投与するエイジングケアを脂肪由来間葉系幹細胞と呼びます。期待されるおもな効能は、皮膚、血液、関節の若返り、糖尿病、更年期症状の改善などです。

治療に使用する脂肪由来幹細胞は、本人の皮下脂肪から採取し培養したものです。もともと体内にあったものを投与するため重篤な副作用やアレルギーの心配もほとんどありません。一般的には腹部からほんのわずかな脂肪細胞を採取します。採取は部分麻酔を使用し、短時間で終了します。骨髄から採取する幹細胞と違って身体的負担も少ないことも特徴です。

自己脂肪由来間葉系幹細胞が肌のエイジングケアに有効な理由

自己脂肪由来間葉細胞を補うことができれば、上記した多くの場所にさまざまなエイジング効果を甘受できますが、その中でもとくにわかりやすく効果を実感できるのが肌です。年齢とともに肌のハリや潤いを支えているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった有効成分はどんどん減少してしまいます。減少する理由は、紫外線や日々の生活習慣の影響を受けるのも一因ですが、何より大きいのはそれらを生み出す元の細胞「線維芽細胞」の総数自体が減ってしまうことです。その線維芽細胞を生み出すのは幹細胞なので、幹細胞を補うとそこで新たな細胞分裂が生じ、線維芽細胞の数も増殖します。

事実、脂肪由来間葉系幹細胞が真皮線維芽細胞の能力を高めることは、研究で数値としてはっきり確認されており、併せてコラーゲン、ヒアルロン酸の明らかな増加も認められています。そのため幹細胞を補うことができれば線維芽細胞が増加し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの美肌に欠かせない有効成分が次々生み出されます。これまでの肌へのエイジング治療にはなかった、肌の内側から根本的なケアを行うことが可能です。細胞自体を増やすという施術方法は、これまでのように外側から足りなくなった成分で埋める方法とは全く違い、ゆっくりと、ごく自然に以前の自分の肌に巻き戻す効果があります。

加えて、幹細胞療法は肌だけでなく血管や関節、骨、など細胞が修復しにくくなった箇所を見つけては補修する効果があるので、年齢を重ねたことによる全身の不調の改善が叶います。糖尿病、男女の更年期症状にはすでに高い実績を上げていますが、今後は認知症などの改善にも大きな期待が寄せられています。

1回の治療につき8,000万個〜1億5000万個の脂肪由来間葉系幹細胞を投与

幹細胞を補充する時は、採取した皮下脂肪から幹細胞を抽出し、培養後体内に戻します。抽出した幹細胞は大量培養が可能なため、1回の投与で点滴する幹細胞の数は8,000万個〜1億5,000万個もの大量な数を投与することができます。それらの幹細胞が投与されると、幹細胞はホーミング効果と呼ばれる働きで全身をパトロールし、自ら総数が足りなくなった箇所、細胞が傷ついている箇所を修復、補填して回ります。その結果、身体中の疲労の改善効果、エイジングケア、健康促進につながります。

幹細胞の採取から投与まで、受ける患者さんにとって身体的負担は小さく、成果は大きいとまさに理想的な治療法と言えるのではないでしょうか。最近ではマスコミでも頻繁に取り上げられ、韓国からも患者さんが日本に治療を受けに来るなど、国外からも実際に多くの人が幹細胞療法を求めている状態です。

しかし幹細胞培養のための施設も必要で、治療自体も新しいため、受けられるクリニックは全国わずかです。クリニックを選ぶ際には、すでに症例数が多く、当然ながら厚生労働省から再生医療に対する計画番号を取得した医療機関を厳選するのは最低条件です。

不要に感じがちな脂肪の中に、幹細胞という有益な細胞が存在していたことは驚きではないでしょうか。どうやらその存在が今後の若さのカギを握っているのは間違いないようです。

この記事のキーワード一覧

RELATED POST

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~