真皮幹細胞がこれからのアンチエイジングを変える?

幹細胞 治療

幹細胞は再生医療の分野において非常に注目されており、ひと昔前の医学では治る見込みが薄い病気や難病などに対して、アプローチができると期待されています。

また、美容の分野でもこの幹細胞は若返りに対して注目を浴びており、幹細胞を使った美容アプローチが近年増えてきています。

幹細胞はどんな細胞?

人の身体は数十兆以上の細胞によって構成されています。全部が幹細胞というわけではなく、各臓器や各器官に合わせた細胞が日々活動をし続け、私たちの身体は作られています。

幹細胞は、その細胞の1つではありますが、2つの特殊機能を持っている細胞です。

・同じ細胞を複製する「自己複製能」

幹細胞の能力として、特筆される能力として、同じ細胞を複製できる機能が挙げられます。この機能は全く同じ能力を持つ細胞を増やすことができる機能で通常の細胞はこの機能を持っていません。

・色々な細胞になる「多分化能」

もう1つの役割として、他の細胞の役割になる「多分化能」という能力があります。細胞は筋肉や心筋、皮膚などさまざまな部分を構成しています。
幹細胞が分化し役割を持つことで、我々の臓器や組織を構成する細胞へと変化しているのです。

幹細胞と美容の関係性

幹細胞の中でも肌に関連する幹細胞は、線維芽細胞などを生み出す「真皮幹細胞」と肌のターンオーバーなどを促進する「表皮幹細胞」の2つに分けられます。

コラーゲンやヒアルロン酸を生み出す線維芽細胞

真皮幹細胞は、細胞分裂をし、分化することにより線維芽細胞を生み出します。線維芽細胞は、肌の潤いやハリを保つ上で重要な「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」などを生み出す力があります。

・幹細胞の機能を高めることで繋がるアンチエイジング

真皮幹細胞などがコラーゲンなどの生成に役立ちますが、真皮幹細胞も老化と共に衰えます。そこで、近年の治療では、幹細胞などを培養した培養液を利用した治療や幹細胞と密接に関係する線維芽細胞を局所的に注射しアンチエイジングを行う治療が進められています。

アンチエイジングには「真皮」へのアプローチが重要

人間の肌は主に、表皮と真皮に分けられます。真皮細胞や線維芽細胞は肌深くの真皮などにあります。

そのため、エイジングケアは真皮へのアプローチが重要になります。

今では、肌に浸透するコスメや化粧品などがさまざま出ておりアンチエイジングを謳っている商品もありますが、これらの成分は基本的に真皮へ届くことはありませんので、幹細胞の培養液配合などでも美容クリニックなどで行われている治療と同じという捉え方をしないようにしましょう。

真皮までの浸透させる化粧品やコスメはそもそも日本の薬事法によって認可されていないので、注意が必要です。

幹細胞を使ったエイジングケアは認可の美容クリニックで

幹細胞を使った治療は最近いろいろな美容クリニックにおいて進められていますが、先進的な治療になるので、治療をする美容クリニックなどは厚生労働省からの認可が必要です。

間違っても、厚生労働省から認可をもらっていない病院やクリニックでは治療を行わないようにしましょう。

ナチュラルハーモニークリニック表参道は認可クリニックです

ナチュラルハーモニークリニック表参道は厚労省から認可が下りているクリニックです。

肌のエイジングケアを希望される方は、無料カウンセリングへお越しくださいませ。

肌再生医療が行える医療機関はこちら →

年齢と共にたるんでくる肌ではありますが、再生医療の分野の発達により、より効果的なエイジングケアが可能となってきました。
これを機にエイジングケアをして、新しい自分を見つけてみるのも1つではないでしょうか。

この記事のキーワード一覧

RELATED POST

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~