肌再生医療があれば、「たるみ」はまだ諦めない

たるみ ピックアップ 肌再生医療

くっきりと刻まれたほうれい線。それだけで見た目年齢をグッと引き上げ、なんとも悩ましい存在です。多くの人は深いシワに高価な化粧品を塗ったり、マッサージに行ってみたり、様々な方法を試してみたかもしれません。しかし、肌全体がたるんだことで現れる深いシワに対して自分で行えることは限られています。わかりやすい効果は見られず、諦めかけている人もいるのではないでしょうか。

顔のたるみ、なぜ起こる?

まず知っておきたいのは、私たちの顔はなぜ時間の経過とともにたるんでいくかということです。

 

理由①コラーゲン、エラスティンの減少

肌の弾力を支えるのは、コラーゲン、エラスティンなどのタンパク質ですが、加齢が原因でコラーゲン、エラスティンの量が減っていきます。そのため肌の弾力がなくなり、たるみへとつながります。

 

理由②皮下脂肪が増える

加齢で代謝機能が衰え、皮下脂肪をためやすくなります。顔の皮下脂肪の重さで、顔が下垂してしまいます。

 

理由③表情筋の低下

皮下脂肪が増加するのと対して、筋肉量は減ってしまいます。筋肉が衰えることで、その上に乗る皮下脂肪がますます下垂しやすくなります。

年令を重ねることで新たな細胞が生まれにくい上に、紫外線、乾燥、ストレス、睡眠不足、栄養不足、糖分過多など肌の大敵が日々蓄積されてしまうと、肌の老化スピードは加速し、次第にたるみが目立つようになります。

 

たるみ改善のために、美容医療で出来る治療

そんな年令を重ねた肌を改善するため、美容外科ではこれまでも様々な治療法を実践してきました。その代表的なものがヒアルロン酸注射などの注入治療とレーザーなどの照射治療です。その2つの治療法は具体的にはどんな方法なのでしょう。

 

・注入治療

気になるシワの部分に直接ヒアルロン酸などを注射で注入する方法です。即効性があり、手軽にシワをピンポイントに狙えますが、効果は短く、維持したい場合は何度も繰り返す必要があります。また、シワが解消できても、たるみとなると満足な結果は得られません。

 

・照射治療

「傷ついた細胞を修復しようとする」という肌の性質を利用した療法が照射治療です。肌にレーザーをあて、コラーゲンなどの細胞をあえて破壊させることで、細胞の働きを活性化させる方法です。レーザー照射のため、心理的抵抗は小さいですが、効果を感じるためには、複数回施術が必要で、持続期間も限られています。

 

これまでとはまったく異なるたるみ治療、肌再生療法

いずれもそれなりの効果は感じられるはずですが、これらの治療は作られにくくなった肌細胞を補う、もしくは刺激する一時的な対処療法です。それとは異なり、肌細胞自体を注入してしまい、年齢肌を根本的に解決しようとするのが、肌再生療法による2つの方法です。

 

・線維芽細胞療法

線維芽細胞療法は、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞自体を増やすことを目的にした治療です。最初に耳の後ろの目立たない場所から自分の線維芽細胞を採取したのち、専用の機関で培養、そして培養した細胞を年齢肌の気になる場所に再び注入します。線維芽細胞自体を注入することで、元気がなくなった細胞を活性化し、増えにくくなった細胞の増殖を促すことになります。内側からアプローチすることで、自然と年齢肌の解消に繋がります。

 

・PRP療法

自分の血液を採取したのち、成長因子が含まれている血漿(PRP)のみを取り出し、肌の気になる部分に注入します。PRPに含まれる成長因子が、コラーゲンの育成、細胞の活性化を促進し、肌のはりを蘇らせる手助けをします。

肌再生医療はこれまでの治療法と、どのように違うのか、比較表で見てみましょう。

それぞれの治療法

 

肌再生医療で、半永久的にたるみ知らず?

肌再生医療は、これまでの治療法と比べ、長期間の効果の継続と根本的な解決法であることがわかるのではないでしょうか。

たるみを防ぐためには、コラーゲンやエラスティン、ヒアルロン酸の働きは欠かせません。しかし、失われたコラーゲンを外側から補ってみてもきりがありません。コラーゲンやヒアルロン酸を次々に生産してくれる線維芽細胞を注入できれば、急にシワが消えるような違和感もなく、ナチュラルな過程をたどり、若々しい肌に再び戻ることができます。

しかも、1度採取した線維芽細胞は専用の施設で保管しておくことができるので、効果が薄れる頃には再注入することもできます。1度採取してしまえば、望む限り半永久的にたるみに悩まされることもなくなります。

 

肌再生医療が行えるクリニック

しかし、肌再生医療は発展し始めたばかりの治療法です。どこの美容外科でも行えるわけではありません。厚生労働省が再生医療の安全性を高めるためにルールを定めており、厚生労働省が再生医療提供者に計画番号を提供しています。番号を取得していないクリニックが再生医療を謳っていることもあります。再生医療を考えた時には必ず計画番号を確認することも忘れないでおきましょう。

 

今までは諦めるしかなかった肌のたるみも、「再生美容」ならば諦めずに済むようになりました。思い切って手を伸ばしてみれば、たるみ知らずの肌になる日は、すぐ目の前です。

RELATED POST