目の下のにっくき「くま」。おすすめの美容治療は?

くま 肌再生医療

顔の表情をどんよりと曇らせる目の下のくま。コンシーラーやファンデーションでカバーできるものの、メイクを落とした素顔にコンプレックスを抱いているという方が多くいらっしゃいます。

目の下のくまは、20代の若い方から加齢が進んだ50〜60代の方まで幅広い年代のお悩みのひとつです。疲れているように見える、老けてみられる、不健康そう、とくまは周囲にマイナスの印象を与えてしまいます。

また、たくさん寝ても目の下のくまが消えないという方がいるように、くまにはいくつかの種類と原因があります。

この目の下のくまについて詳しく解説します。

こんなにある! 目の下のくまの原因

ひとくちに目の下のくまと言っても、その種類やできる原因はさまざま。ここでは、代表的な4つのくまの種類と原因をご紹介します。

①黒くま(主な原因:脂肪によるたるみ)

目の下が脂肪によって膨れてたるんでしまい、その黒い影がくまのように見える状態のことです。これは眼球を支えているじん帯が弱ってゆるむことで眼球が下垂し、その下にある眼窩脂肪(がんかしぼう)が下まぶたの組織を押し出しているのが原因です。さらに加齢とともに頬の皮膚も下がってへこみができる場合があり、よりくま(=影)を強調します。

②紫くま(主な原因:皮膚の透け)

皮膚がもともと薄い方や、加齢などの原因で薄くなってしまった場合に、下の筋肉や血管の色が赤紫色に透けて見える場合があります。人間の目の下は皮膚が最も薄く、厚さは約0.5〜0.6mmとゆで卵の薄皮くらいの厚みしかありません。皮膚は年齢とともに薄くなるため、余計に皮下組織が透けて見えやすくなります。

③茶くま(主な原因:炎症による色素沈着)

目の下には毛細血管が網の目のように細かく張り巡らされています。目の疲れや全身の冷え、寝不足などによって毛細血管が血行不良になると、目の下の毛細血管もうっ血し、黒ずんだ血液が青白く透けてみえてしまいます。特に冷え性の女性に多いくまです。

くまの美容治療にはどのようなものがある?

それでは、この目の下のくまを解消する美容治療にはどんなものがあるのでしょうか? 美容クリニックで行われている一般的な施術をご紹介します。

①影くま(たるみ)治療

目の下の脂肪取り

脂肪のふくらみが原因となっている影くまには、押し出された眼窩脂肪を取り除く手術が適用されます。具体的にはまぶたの裏側をメスで切開し、中の脂肪を取り除くというものです。

②紫くま(皮膚の透け)治療

脂肪またはコラーゲン注入

目の下には皮下脂肪がありません。そのため自己脂肪やヒト由来のコラーゲンを注射で注入して、眼輪筋や血管の色が透けて見えるのをカバーします。

③茶くま(色素沈着)治療

光(IPL)治療・メラニンの生成を抑える薬

色素沈着やくすみを改善するフォトフェイシャル(マシンによる光の照射)を行い、コラーゲンの生成を促進してくまの改善を図ります。また、肌のターンオーバーを促進し、メラニンの生成を抑える塗り薬などを処方します。

厚生労働省認可! くまの光治療機器はこちら

④青くま(血行不良)

レーザー治療・医療サプリメント

肌質を変えるレーザー治療により古い角質を取り除き、細胞を活性化させて血行を促します。また、抗酸化サプリメントなどを処方し、全身の血流改善を図ります。

一般的なくまの美容治療には上記のようなものがあります。くまの原因はひとつだけの場合と、複数の原因が重なってできる場合があるため、その場合は複数の美容治療を組み合わせます。

くまの解消を目指す美容治療にはデメリットもあります。例えば手術になるとどうしても負担がかかってしまいます。また、マシンによる治療は一度受ければ終わりではなく、定期的に受ける必要があります。さらに、薬やサプリメントも使用を中止すると元に戻る可能性があります。

それでは、繰り返し治療を受けずにすむ方法はないのでしょうか?

再生医療を応用したくま治療

負担が少なく、一度の治療で長期間(※)の効果が期待できる治療。それが「再生医療」です。それは自分自身の「血液」や「線維芽細胞」を利用して、くまの改善を図る治療で、脂肪を摘出する影くま以外のくまが全て治療できます。まさに「再生美容」ともいうべき再生医療による美容治療。この治療法について詳しく解説します。

(※効果には個人差があります)

【1】PRP(多血小板血漿)を使ったくま治療

人間の血液に含まれる血小板(PRP)を利用した治療です。PRPには「成長因子」と呼ばれる、組織の修復を促進する物質が多く含まれています。

ご自身の血液を採取して遠心分離機でPRPを取り出し、くまが気になる部分に注入するだけ。注入されたPRPは肌内部で成長因子を放出し、組織の産生や代謝を活発に促します。治療も約1時間と短く、ダウンタイムが少ないのがさらなるメリットです。

PRPを使用した治療はこちら

【2】線維芽細胞を使ったくま治療

人間の真皮層の中に存在し、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンという肌の弾力と潤いを司る成分を生み出す線維芽細胞。この線維芽細胞を身体から取り出し、増殖・活性化したのちに再び肌に移植する「線維芽細胞療法」でくまの解消を図ります。またくまだけでなく深いシワやたるみ、肌のくぼみなども同時に改善が目指せます。

線維芽細胞を使用した治療はこちら

再生医療はどのクリニックでも受けられる治療ではありません。再生医療を行う美容クリニックは、厚生労働省が認可した特定認定再生医療委員会に「再生医療等提供計画」を提出し、基準に適合しているかどうかの審査を受けなければなりません。認可が下りた美容クリニックには計画番号が授与され、再生医療施設として認められます。

なかには無認可で肌再生医療を行うクリニックもあり、治療を受ける前にそのクリニックのホームページなどで、認可されているかどうかを確認することが重要です。

ナチュラルハーモニークリニック表参道は認可クリニックです

ナチュラルハーモニークリニック表参道では、「再生美容」として「線維芽細胞」を用いたエイジングケア治療をおこなっています。「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」を遵守し、再生医療第2種の提供計画書が受理されています。

くまは複数の原因で起こっている場合もあるため、どのタイプかご自身での判断が難しい時には、美容クリニックでの無料カウンセリングも検討してみてはいかがでしょうか。

医師の適切な診察により原因と対処法を知ることで、くま解消へ一歩前進するはずです。

RELATED POST