肌再生医療とは? 新しい若返りの可能性

肌再生医療 肌再生医療とは

年々歳を重ねると、肌の衰えが気になってきますよね。若いころに比べるとシワやたるみが増えていくのは、仕方がないことです。しかし女性は誰しも「若々しい肌」「美しい肌」を求めます。
以前は、加齢現象を美容整形という手段で肌を修復しており、人工的に作られたコラーゲン注射やレーザーで美しさを保っていました。
このような美容整形には何度も治療が必要で、副作用が発生するリスクもありました。
しかし近年、医学が進歩し、「肌再生医療」という先端技術が美容治療にも参入するようになり、肌再生医療が注目されています。
この肌再生医療は、他の美容医療と大きく異なり、人工的な物は一切使わず自分の細胞のみを治療に使用するため、従来の治療法よりも副作用などのリスクが少なく高い効果が期待されています。
それでは、肌再生医療についてより詳しく見ていきましょう。

肌再生医療(肌細胞補充療法)とは?

肌再生医療(肌細胞補充療法)とは、自分の肌の細胞を約10,000倍に培養して、加齢によってできたシワやたるみなどに細胞を移植する治療法です。肌を蘇らせ、根本治療を行う新しい治療法です。
肌の加齢現象を目立たなくするだけでなく、加齢現象を遅延することができるとも言われています。
肌をキレイに保つ細胞は年と共に減少していくため、その減少していく細胞と同じ細胞を、あらかじめ採取し、必要に応じて肌に戻し、肌を修復・保持していきます。

肌再生医療と再生医療は違うの?

肌再生医療と再生医療は根本的には同じです。再生医療は、人の細胞や再生機能を使い治療する医療のことです。そのため、肌の再生だけではなく、病気や事故によって細胞が欠損・損傷した部分や機能が低下した臓器などの治療にも用いられます。
このような治療には、人の身体から採取した「幹細胞」と言い、いろいろな組織や臓器になる未分化の細胞を使用して治療を行います。
現在、治療や研究されている幹細胞は、3つあります。

ES細胞(胚性幹細胞)

1998年不妊治療(体外受精)で余った受精卵で研究され、さまざまな細胞に分化する万能細胞です。しかし拒絶反応が起こったり、腫瘍やがんになったりなどのマイナス作用に働くことがあるとされています。また、受精卵の胚を使用するため、倫理上の問題が拭えません。

iPS細胞(人工多能性幹細胞)

このiPS細胞はまだ記憶に新しいのではないでしょうか。
2007年山中教授らが研究・開発した細胞です。皮膚の体細胞を採取し、多数の遺伝子を加えて生成する細胞です。この細胞もES細胞と同じく、どのような細胞にも分化する万能細胞ですが、デメリットも同様で腫瘍やがんになる可能性があると言われています。

体性幹細胞

骨髄や脂肪などに含まれる幹細胞です。「間葉系幹細胞」は、骨・軟骨・腱・脂肪・神経など結合組織系に分化していく力があります。この幹細胞は皮下脂肪に多く含まれており、皮下脂肪そのものを採取し、細胞培養後に点滴や注射などで体内に戻します。体への負担はとても軽く、重篤な副作用などの問題がないと報告されています。

肌再生医療で活躍する「線維芽細胞」と「PRP」

肌再生医療はすでに始まっています。現在の肌再生医療で用いられている細胞や組織で「線維芽細胞」と「PRP」の2種類があり、これらの細胞や組織は多くの美容整形クリニックなどで用いられています。それでは、「線維芽細胞」と「PRP」がどのような細胞や組織であるのかをご紹介します。

美の源「線維芽細胞」とは?

線維芽細胞(真皮線維芽細胞)は、皮膚の真皮に存在しています。この線維芽細胞は、肌に弾力はハリを与えてくれる「コラーゲン」や肌の潤いを保つ「ヒアルロン酸」などの成分を生み出し新陳代謝をスムーズに行う働きがあります。

自然治癒力を活かす「PRP」とは?

PRPとは「多血小板血漿」のことを指します。このPRPは、細胞を活性化させる「成長因子」が含まれており、この成長因子が持つ組織修復能力を活用し、肌再生を促します。PRPは、肌再生医療以外でも利用されることが多く、スポーツ外傷やヒザの変形などが起こった際にも用いられることがある組織です。

「線維芽細胞」や「PRP」を用いた治療法

以前の美容整形は、人工的なヒアルロン酸を注射で注入する方法が多く適応されていました。しかしこれでは根本治療ができず、何度もヒアルロン酸を注入しなければいけません。
肌再生医療は、皮膚の外側からではなく、内側から細胞自身に働きかけ、根本的な改善を促す治療法です。コラーゲンを生成する線維芽細胞や、成長因子が多く含まれる血小板(PRP)を肌に注入することにより細胞そのものを活性化させることができます。

線維芽細胞を利用した治療法とは?

患者さまからの皮膚を少し採取し、専門施設(細胞培養センター)にて皮膚の中にある細胞を抽出して培養、増殖させます。
培養後は、気になる箇所(目じり、口角、ほうれい線など)に注入する治療法です。注入後は、コラーゲンやヒアルロン酸などの生成を促し、その結果、自然に肌の弾力やハリがよみがえります。
この治療法は、持続期間が長く、1度の採取で数回の注入が可能なため、継続的に若々しい肌を持続することを可能にする治療法です。

PRPを使用した治療法とは?

血液を採取した後、遠心分離機で多血小板血漿(PRP)を取り出し、シミやシワなど気になる部分に注入していく治療法です。シワやシミ、肌の凹凸などを肌の内側から改善させていきます。
自分の血液を使うため、アレルギー反応や副作用はなく、自然に肌が若返ってきます。

肌再生医療と従来のヒアルロン酸注射の違い

今までの美容整形は、侵襲(手術、注射など)を加えることで、シワやたるみを改善してきました。注入していたヒアルロン酸やコラーゲンなどは、できるだけ人間に近いものを作成されてはいますが、人工物です。シワなどの症状を改善することはできるものの、一時的なものにすぎませんでした。レーザー治療も肌に多少のダメージを与え、肌の創傷治癒の働きを利用して肌細胞を活性化させていましたが、これも人工的なものに過ぎません。
しかし、肌再生医療は、自分自身の肌細胞を増やして自分の肌に戻すだけなので、肌を傷つけることもなく、拒絶反応やアレルギーの心配もない安全な治療となります。また、ヒアルロン酸注射の際などに懸念されていた副作用も自分の細胞や組織を使用するため、心配ありません。

肌再生医療にはデメリットも存在します

肌再生医療は、従来の美容整形に比べ、持続期間や副作用の面や自然な若返りを行えるといったメリットが複数存在します。しかし、肌再生医療は、先端の治療のため、他の美容整形に比べると高額です。また、肌再生医療も半永久的に若返りが保てるという治療法ではないため、数年に1回のメンテナンスが必要です。

肌再生医療はこんな方におすすめです

・本気で美しい肌を取り戻したい方
・自然の美しさが欲しい方
・安全に美容治療を受けたい方
・50代、60代の方

皮膚の内側から若返らせるので、人工的な美しさではなく、自然な美しさを求める方や安全に美容治療を受けたい方は肌再生医療がおすすめです。
また、いままでの注射では50代、60代の方では多少の改善しか効果がありませんでしたが、肌再生医療はその年代でも十分に効果が現れます。

肌再生医療には認可が必要です

肌再生医療はヒアルロン酸注射などよりも高度な技術が要求される治療法です。そのため、クリニックを選ぶ際は、症例数などを参考にしてみると良いでしょう。
また、肌再生医療を行うクリニックは必ず「認可」が下りています。大前提にはなりますが、間違っても認可が下りていないクリニックを選ばないよう気をつけてください。
クリニックが見つかったら最後は先生との相性です。自分の悩んでいる事などに対して相談を乗ってくれ、適切な解答を返してくれる先生にしましょう。それにより良い結果を生み出すことができます。

ナチュラルハーモニークリニック表参道は認可されたクリニックです

ナチュラルハーモニークリニック表参道は、今回ご紹介した「線維芽細胞」を用いた治療と「PRP」を用いた治療2つを行なっています。また、厚労省から認可を頂いているクリニックです。

※)線維芽細胞
自家培養真皮線維芽細胞移植術(再生医療第2種) :計画番号 PB3170025
線維芽細胞を使用した治療はこちら →http://natucli.com/cell/fibroblasts_prp_stemsup/#fibroblasts

※)PRP
多血小板血漿を用いた皮膚再生治療(再生医療第3種):計画番号 PC3170143
PRPを使用した治療はこちら →http://natucli.com/cell/fibroblasts_prp_stemsup/#prp

 

美容医療の中でも注目を集めている肌再生医療。従来の症状を和らげる治療法ではなく、肌の悩みを根本から解決できる治療法だからこそ、今まで解決できなかった肌の悩みも解消できる期待がもてる治療法です。

この記事のキーワード一覧

RELATED POST

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~