「ヒト幹細胞療法」治療
患者のメリット、デメリット

安全性 幹細胞

急速に発展を続ける再生医療の分野。名前はよく聞くし、興味はあるものの実際はどんなものかわからないという方がほとんどではないでしょうか? 再生医療の中でも、病気や損傷を抱えていなくても誰でもが関係する加齢の対策となる幹細胞を使った「間葉系幹細胞療法」について、患者にとってのメリットとデメリットを探ってみましょう。

まずは、幹細胞とは?

幹細胞を使った治療法について触れる前にまずは幹細胞とは何かについてお話しします。人間の体は、もともと1つの受精卵が分裂を繰り返し、37兆個もの細胞となって構成しています。その細胞がそれぞれ骨や筋肉、血管や皮膚となって人体を維持していまが、その中には血液や皮膚のように細胞が入れ替わり続けているものや、ケガや病気で予定外に損傷を受けてしまう細胞があります。そんな消失した細胞や傷ついた細胞を補充する役割があるのが幹細胞です。
幹細胞には二つの能力があり、自分と同じ能力を持った細胞に分裂する自己複製能力と他の組織細胞に分化する分化能力があります。幹細胞は造血幹細胞なら血液系の細胞を作り続けるなど、同じ種類の細胞を作り続ける「組織幹細胞」と、必要に応じてどのような細胞も作り出す「多能性幹細胞」に分けられます。

多能性幹細胞

どんな細胞でも作り出すことができれば、病気やケガで臓器や機能を損失した場合も、新しく再生することが叶うということになります。京都大学の山中教授がノーベル賞を受賞したことで認知度の高い、人工的に作った多能性幹細胞、「IPS細胞」や胚の内部細胞塊を用いた「ES細胞」がそれにあたります。がん化する可能性があるなど安全性の問題、胚を使うES細胞には倫理的な問題など、いくつかの課題があるため普及には至らず今も研究が続けられています。再生医療における法改正などにより早期の実用化が実現できるようなバックアップの体制が整い始めています。

組織幹細胞

現在多くの病院で再生医療として用いられているのは、組織幹細胞です。組織幹細胞は多能性幹細胞のように何にでもなれるわけではありませんが、脂肪由来の幹細胞ならば筋肉や軟骨、骨、脂肪、神経などの一定のものに分化できる分化能があることがわかっているため、数々の臨床研究が行われ難病の治療でも使用されています。広く行われているのはエイジングケアの予防治療です。

どんな治療が行われるのか

エイジングケアの治療では、関節、肌、血管といった年齢を重ねると不調が出やすい部位、男女の更年期症状など誰もが直面する問題の改善が望めます。
再生医療の中でも多く行われているのは組織幹細胞を使ったエイジング治療で、脂肪由来の間葉系幹細胞療法療法です。治療は最初に自身の細胞を採取します。採取が比較的容易な腹部から、局所麻酔してほんのわずか脂肪細胞を取り出し、専用の施設で4週間〜かけて培養・増殖させます。その後大量に増えた幹細胞を点滴にて体内に戻します。血液やリンパに乗った幹細胞がホーミング効果と呼ばれる働きで全身をパトロールし、幹細胞が足りない場所、老化が起こっている場所、修復が必要な場所を見つけては修復し、そこで必要な細胞に分化します。不調な部位に新たな細胞が補充されることで、その部位の機能修復、若返り効果が見込まれるというのが間葉系幹細胞療法のしくみです。

脂肪由来間葉系幹細胞療法のメリット

ヒトの脂肪細胞から採取した間葉系幹細胞療法には以下のようなメリットデメリットがあります。

高い安全性が期待できる

脂肪由来の間葉系幹細胞治療は、自分の幹細胞を使用することで拒絶反応、副作用の心配を減らすことが可能です。現時点ではがん化した例も報告されていません。またES細胞のように倫理的問題もIPS細胞のように遺伝子操作する必要もありません。

肉体的負担が少ない

使用する幹細胞は、採取が比較的容易な腹部から採取をするなど肉体的負担が少ないことも特徴です。細胞を再移植するのも点滴で戻すだけと入院の必要もありません。

多くの効果を期待できる

対象となる疾患は、更年期症状、関節、血管、皮膚の若返り、といったエイジングケアです。

他にも脳梗塞の後遺症を始め脳の疾患の改善、脊髄損傷の後遺症、糖尿病、腎臓、肝臓、心臓などの症状改善にも治療効果が期待されています。

脂肪由来間葉系幹細胞療法デメリット

コストが高い

保険診療にならないだけでなく、個人個人の幹細胞を専用の施設で培養、管理するため費用は高額になります。また、施術できるクリニックは限られているため、どこに住んでいても気軽に受けられる治療ではありません。

分化する能力が限られている

多能性幹細胞とは違い、分化できる細胞は限られています。そのため治療の適応は限られます。

新しい治療

まだまだ新しい治療のため、将来的予期しえないことが起こる可能性がゼロだとは言い切れません。

その他体調によっては治療を受けられないと判断される場合もあります。

医療機関の選択を慎重に

脂肪由来間葉系幹細胞療法は、他の治療と同じようにメリットもあれば必ずデメリットもあります。治療のメリットを最大限に生かし、譲ることができないデメリットを避けるためにも施術する病院選びは慎重に行う必要があります。再生医療を行うためには、厳しい施設基準が設けられており、管理された施設など厚生労働省の基準をクリアする必要があります。厚生労働省の計画番号を正式に取得している病院を選ぶことは最低条件です。その上で、しっかりカウンセリングを行い信用できる病院を見つけた上で治療を行う必要があります。

再生医療は新しい治療で、厚生労働省により法律が定められたのも平成26年度と最近です。一部改正が行われるなど、現在でも進化している過程です。興味を持ったら情報収拾とともに正しい情報の選択が必要になります。

この記事のキーワード一覧

RELATED POST

カテゴリー

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~