肌の悩み上位の「シミ」、
幹細胞で望める効果

幹細胞


肌の悩みでどの年代でも話題に上がりやすいのがシミです。最近では男性でもシミで悩む人が多く、その対応策に頭を痛めているのではないでしょうか。人の顔にシミができる原因、これまでの代表的な対処法、そして細胞を使うシミの解消法までシミについて考えてみましょう。

スキンケアや美容に気をつけても、シミができる原因


肌にできる変色した箇所は、ひとくくりにシミと認識しがちですが、実はシミにはたくさんの種類があり、出来た原因はそれぞれ違います。その中でも代表的なシミは日光性色素班という紫外線が原因のシミです。

肌は表皮と真皮の2層に分けられますが、表皮の奥にはメラノサイトがあります。皮膚にメラニンの色をつけ、ターンオーバーで排出することで、紫外線をガードしています。しかし強い紫外線を浴びたり、長時間浴び続けたり、こするなどの刺激を与えたりするとメラニン生成能力が上がってしまい、一気に大量のメラニンが作られてしまいます。

通常は肌のターンオーバーで排出されるメラニンが、量が多すぎると排出しきれずに肌の奥にたまりシミとなります。また年齢とともに繰り返されるダメージは蓄積していくので、とくに刺激を与えてなくても増殖し続けるメラニンが出てくる、ターンオーバー自体も乱れがちになるなど、年齢が上がるほどシミができやすい肌環境になっているのです。

他にも、女性ホルモンが原因ではないかと言われている肝斑や、やけどや傷が跡になった炎症後色素沈着など多くの種類のシミがあります。

シミを解消するケア法にはどんなものがある?


シミが出来ないようにするには、何より日頃の紫外線対策、毎日のスキンケアが重要です。他にはターンオーバーを促進するために規則正しい生活習慣なども必要です。ただしこれらは今後できるシミを防御する対策であって、すでに出来ているシミには効力がありません。では、すでにある悩ましいシミにはどんな対策を取るといいのでしょうか?

ホームケア

シミを解消するのに効果が望める成分が含まれた化粧水や美容液などのコスメが市販されていますが、シミの種類によっては全く効果が見込めません。内服薬もありますが、いずれも自己判断ではなく、医療機関で相談して購入することをおすすめします。

エステやサロンでシミ対策

エステなどでは医療機関と違って肌に負担がかかる施術はできません。エステやクリニックならでは、のメリットは他の施術で受け取る方が良いでしょう。

皮膚科・美容皮膚科

シミ治療は大変難しい治療です。シミの種類の見極めから始める治療ですので、まずはシミ治療の経験が多い医療機関を探す必要があります。シミの種類ごとに治療法を分け、長期間にわたって施術を繰り返すことで改善が望めます。ただし途中で治療を中断した場合は、シミが解消されない、かえってシミが濃くなったなんてことも起こります。シミ治療を始めたら、最後まで続けることが大切です。

幹細胞でシミ治療を治す

体の中から自分の力でシミを直すのが、再生医療で注目を浴びる幹細胞を使用したシミ治療です。これまであったシミ治療が対処療法ならば、根本的な解決を目指し、総合的な美肌を目指すのが幹細胞でのシミ治療です。

幹細胞を補充して美肌を手にする

幹細胞がどうやってシミを治すかというとそれは幹細胞の持つ力によるものです。まずは幹細胞がどんな働きをするのか紹介しましょう。

幹細胞の働き

幹細胞は全身に存在して、消滅したり、傷ついたりした細胞の修復、補充する重要な働きをしていますが、肌にとっても同様です。肌の真皮層に真皮幹細胞、表皮層に表皮幹細胞として存在します。真皮幹細胞は細胞分裂を繰り返しますが、その際自分と全く同じ細胞と線維芽細胞の2つを生み出します。線維芽細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の元となる細胞で、肌の美しさを保つのに欠かせない成分を生み出す大切な働きがあります。表皮幹細胞は肌のターンオーバーを促し、肌の調子を整えます。

幹細胞がシミを消していた

つまり真皮幹細胞にしろ、表皮幹細胞にしろ、幹細胞の数量が十分揃っていれば、多少紫外線でダメージを受けようと、ホルモンの影響でトラブルを起こそうと有効成分が肌を再生させてくれ、ターンオーバーが肌に溜まった余計なものを排出してくれるのです。子供のころ日焼けしても、時期が来れば肌の色が戻っていたのは、幹細胞の数が十分あって肌を再生させてくれていたからに他なりません。幹細胞の数は20代を境に減少を続けます。そのためダメージから回復できずに肌はだんだんと老化していきます。

そこで再生医療の分野で幹細胞を補充する治療がわれるようになりました。

幹細胞を補充する

具体的な治療法は、本人の幹細胞を採取し、専用の施設で増殖・培養したのち、点滴で体内に戻すという工程だけです。採取する幹細胞は、骨、軟骨、脂肪などに分化する能力がある脂肪由来の幹細胞です。骨髄にある幹細胞にも同じ能力がありますが、採取が容易な腹部の脂肪から幹細胞を採取します。体内に取り入れられた幹細胞は、ダメージのある場所、細胞の数が足りない場所を自ら見つけ修復する性質があるため、肌トラブルに悩んでいる場合は、肌に幹細胞が集まります。そして真皮幹細胞、表皮幹細胞となり肌を細胞の力で整えます。ゆっくり時間をかけて細胞が増えるのを待つため、他の人から美容医療でケアしたことに気づかれることもありません。

美容皮膚科でのシミ治療もとても効果の高い治療です。しかし一定期間繰り返し続ける必要があり、治療後には数日のダウンタイムがあります。しかし幹細胞療法は、1回の治療で長期的な効果が望め、見た目のダウンタイムがないというメリットもあります。

植物由来の幹細胞や幹細胞培養液との差別化を

幹細胞の力は知れ渡り、今や化粧品やエステなどでも幹細胞と名がつく商品が増えました。しかし幹細胞を使った治療は再生医療のため、行えるのは厚生労働省から認可を受けた医療機関に限られます。化粧品やエステで扱われているものは、植物由来の幹細胞であったり、ヒト由来であったとしても他人の幹細胞を培養する時に出る培養液にすぎません。培養液には成長因子が含まれているなど、有効な成分も含まれていますが、本人の幹細胞を増やすのとはまったく違うものであることは理解しておく必要があります。

シミを解消する方法は、今は色々な選択肢があります。しかし、シミを始め皮膚の再生や若返りを見た目のダウンタイムの心配なしにできるのは、現時点では、幹細胞療法の一つだけと言えるのではないでしょうか。

この記事のキーワード一覧

RELATED POST

カテゴリー

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~