幹細胞は点滴で注入?アンチエイジングへのアプローチ

幹細胞 点滴

「幹細胞」というワードを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。2012年に京都大学の山中教授らがIPS細胞の作成によりノーベル賞に輝きました。それに伴い、幹細胞も脚光を浴び、目や耳にする機会が増えた方も多いと思います。

幹細胞は、再生医療には欠かせない細胞で我々の身体を作っている細胞です。もちろん、それは美容にも欠かせない細胞で現在では、色々なところで幹細胞を使ったアンチエイジングへのアプローチなどが進められています。

今回は、そんな幹細胞の治療法などについて紹介します。

幹細胞とは?

ヒトの身体はもともと1つの細胞が細胞分裂を繰り返して出来上がっています。我々の身体は約37兆個という数の細胞によって支えられており、1つの細胞が37兆個まで細胞分裂を繰り返して作られました。

その1つ目の細胞は「受精卵」。実はこの受精卵は幹細胞です。幹細胞は、特殊な機能を持つ細胞で、全く同じ細胞を作り出す「自己複製能」とさまざまな役割を持っている細胞になれる「多分化能」という力を持っています。

そのような特殊な力を持つ幹細胞は再生医療の分野だけではなく、美容の分野でも重宝されており、さまざまな治療法に使われています。

幹細胞を使った治療方法

幹細胞を使った治療として有名なのは、「点滴」を使った「幹細胞点滴療法」。患者さまから幹細胞を抽出して培養したものを患部に対して注入する「幹細胞療法」。幹細胞を培養した際に生成される培養上清を使った「ステムサップ」が有名です。

幹細胞点滴療法

幹細胞点滴療法は、幹細胞を身体の隅々まで届けることができる治療になります。アンチエイジングの治療の一環として使われることが多いですが、それ以外にも肺疾患や肝硬変などの病気に対しての効果があったとも報告されている治療法です。

幹細胞療法

幹細胞療法は、シワやたるみなどの気になる部分に対して培養した幹細胞を注入することで、シワやたるみを改善する治療法です。多くの美容クリニックで取り入れられている治療法です。

ステムサップ

ステムサップは、幹細胞を培養した際に出る培養上清を使った治療法です。この培養上清には、細胞を活性化させる成分が含まれており、体内の細胞から活性化を促し、アンチエイジングを促進する治療法です。

この治療では、くすみや小じわなどに対してアプローチできると期待されています。

こんな治療には気をつけて

幹細胞を使った治療ですが、日本に置いて気軽に受けられる治療ではありません。厚生労働省から認可を受けている美容クリニックなどでなければ治療を受けることができません。

しかし、この幹細胞を使った治療は日本だけではなく、アジアを含めた海外で行われています。ロシアなどでは1本200万の点滴などが話題になっておりますが、基本的には幹細胞を使った治療などは、国から認可されている美容クリニックで受けることをおすすめします。

ナチュラルハーモニークリニック表参道は認可クリニックです

ナチュラルハーモニークリニック表参道は厚労省から認可が下りているクリニックです。
当院では、本記事で紹介しているステムサップや幹細胞から生み出されるコラーゲンやヒアルロン酸を生成する細胞である「線維芽細胞」を培養して注入する「線維芽細胞療法」などを行なっており、高いレベルでアンチエイジングをすることができます。

無料カウンセリングも用意しているので、アンチエイジングや幹細胞を使った美容治療を行いたい方は、ぜひ一度お越しになってみてください。

肌再生医療が行える医療機関はこちら →http://natucli.com/

幹細胞を使った治療は、再生医療の分野のみならず、美容分野などでも広く浸透しつつあります。しかし、未だ高いレベルでの治療が必要なため、気軽に受けられる治療ではありません。

ですが、肌が老化する根本的な部分にアプローチできる治療法で、長期間でのアンチエイジングが可能とされています。

肌のたるみやシワなどが気になる方は幹細胞が新たなアンチエイジングへの扉を開いてくれるかもしれませんよ。

この記事のキーワード一覧

RELATED POST

カテゴリー

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~