線維芽細胞を増やす! 根本的なシワ対策

増やす 線維芽細胞

電車やショーウィンドウのガラスに思いがけず映った自分の顔にがっくりしてしまうことはありませんか? 年齢を重ねると程度に差はあれ、誰でもが顔にはシワやシミ、たるみ、くすみが現れ始め、残酷なまでに顔の印象を変え始めます。それは、今まで皮膚の中で活躍していたコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの総量が減ってしまうことが原因です。では、なぜそれらの細胞は年齢とともに減ってしまうのでしょうか?

肌の若さを支える、三大成分

肌は大きく分けると皮膚にあたる表皮と、表皮の下で支えている真皮があります。真皮の中にはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が含まれており、その成分が肌にハリや弾力みずみずしさを与えています。

コラーゲンの役割

エラスチンとともに肌の繊維を作り、肌の土台となりにハリを維持します。真皮のうち70%を占めます。

エラスチンの役割

ゴムのような収縮性を持っていて、コラーゲンを支え肌の繊維を繋ぎ止める役割があります。真皮のうちわずか2%の量ですが、減るとシワやたるみの原因になります。

ヒアルロン酸の役割

繊維の間に入りクッションのような役割をしています。水分を保持して肌にみずみずしさ、潤いを与えています。

これらのどの成分が減ってしまっても、肌にはシワやたるみ、乾燥など大きなダメージとして、肌に年齢を刻んでしまいます。しかしどれも加齢、紫外線、乾燥、不規則な生活、喫煙、ストレス、など生活習慣や環境要因で減り続けてしまいます。どんなに必死で対処してみても、三大成分の減少を完全に止めることは不可能です。

そのため、今までの美容の常識では、減ってしまったこれらの成分を補充すべくサプリや食品で摂取したり、化粧品で補ったり、美容医療では、注入治療で外側から直接補うという方法を行ってきました。しかし近年になって、これらの成分を生み出す線維芽細胞という細胞が認知されました。この線維芽細胞がコラーゲンやヒアルロン酸を生み出すため、コラーゲンやヒアルロン酸を補うよりも、線維芽細胞自体を増やすことこそ重要だということがわかったのです。

三大成分の生みの親、線維芽細胞こそ重要!!

しかしこの線維芽細胞も、残念ながらコラーゲンが減るのと同じ理由で年とともに減っていくこともわかっています。その量は20代を境に減り続け、40代で半分以下にまでになります。コラーゲンやヒアルロン酸の減少とともに、その生産機能を持つ線維芽細胞も同じように減ってしまい、新しく作り出される数自体減ってしまうのです。

では、どうしたら線維芽細胞の減少を食い止め、少しでも増やすことができるのでしょう?

良質な生活習慣とスキンケア

まず減少を食い止めるためには、バランスの良い食事、適度な運動、良質な睡眠、十分な紫外線対策、禁煙、ストレス解消が何よりの対策になります。行き届いた健康的な生活を送ることで線維芽細胞の減少を少しでも減らすことができます。同じ歳でも肌年齢が違うのは、生活習慣と普段のスキンケアの違いが差を生んでいるのです。

ビタミンCなどを摂取する

線維芽細胞を活性化させる成分はビタミンC、レチノール、トレチノイン、FGF(線維芽細胞増殖因子)、イソフラボンなどが有効とされています。食品やサプリメント、基礎化粧品などで上手に取り込むことで、線維芽細胞の増殖が期待できます。とくに、化粧品やサプリは線維芽細胞、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、レチノールと名がつくものも多く販売されています。

「肌再生医療」ならば、効果的に増殖できる

しかしそれらを経口摂取した場合、栄養分は姿を変え肌に届くのはほんのわずかです。化粧品として肌に浸透させる場合も含有量は薬事法で定められており、実際に線維芽細胞にまでアプローチできるかについては不確実です。ある程度のシワ対策になっても線維芽細胞が増えたことを自分で実感できるほどの効果は望めません。確実な線維芽細胞の増殖を望むならば、「肌再生医療」の力を借りる必要があります。

肌再生医療とは、厚生省に認可された限られたクリニックだけが行える自身の細胞や血液を培養・増殖して再注入する画期的な美容法です。

線維芽細胞療法

紫外線が当たりにくくダメージの少ない耳の後ろなどから、肌の一部線維芽細胞を採取して専用の施設で増殖・培養し、増えた線維芽細胞を目元や口元などシワやたるみが気になる部分に再注入します。注入された場所で新たな線維芽細胞がコラーゲンやヒアルロン酸を次々に生み出し、内側から肌を持ち上げてくれます。

PRP療法

自身の血液を採取して遠心分離機にかけ、多結晶血漿(PRP)のみを取り出します。PRPにはFGFを始め、線維芽細胞を刺激する成長因子が多く含まれているため、コラーゲンの生成を促し、表皮の成長も促されます。

いずれの場合も、自身の細胞や血液を使用するため、自分の肌になじみやすくトラブルが起きにくいのはもちろん、直接皮膚内に届けるためその効果の高さは当然のごとく他の方法の比ではありません。

線維芽細胞さえ元気で十分な数があればコラーゲンやヒアルロン酸が減ってしまっても、次々新たに作り出され、肌の内側から弾力、保水力、ハリ、つやが蘇り、若々しい肌を保持することができます。その効果は数年単位で続きますが、効果が薄くなってきても何度も同じ施術を繰り返すこともできます。採取した線維芽細胞は専用の施設で保管しておくことができ、採取した年齢時の細胞を10年後も20年後も再注入可能なため、早く採取しているほど、いつまでも若々しい肌でいることができます。線維芽細胞さえ増やすことができれば、今まで夢だった変わらない印象でいることさえ可能です。

今まで対処方法しかなかった、シワやたるみといった年齢肌。しかし線維芽細胞が発見され根本的解決法が樹立された今、一気にエイジレスな女性が増えていくことになるでしょう。

RELATED POST

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~