肌再生医療、真実はブログにある!?

くま 肌再生医療

肌再生医療が美容外科に登場してからまだ歴史は浅く、再生医療などの安全性の確保に関する法律が施行されたのも、つい数年前のことです。今までにない画期的な治療法であることはわかっても、施術を受けた後どういう治療経過をたどっていくのか、施術経験者の本音の感想はどうなのか、聞きたくても情報量は他の美容施術に比べるとまだまだわずかしかありません。そこで利用したいのがブログや口コミです。

肌再生医療のことを知りたい

国内の市場動向を見ても再生美容の分野の伸びは急速に高まり、今後も増加の一途をたどることは想像にかたくありません。急速に伸びた分野だからこそ、一般的にまで理解を広がっていないこともたくさんあります。そもそも肌再生医療とは、いったいどういう原理で肌を再生させるのでしょうか? 名前の通り肌が再生してくれるのでしょうか?

今までの美容医療との違い

従来の美容外科で行われてきた若返り治療は、メスを使ったり、引っ張ったり、注入したり、照射したりということが行われてきました。それらの治療は、見た目の若返りは図れても対処療法でしかなく、根本的に若返る訳ではありません。むしろ見た目は若返ったとしても、細胞は劣化してしまうというリスクすら皆無ではありません。

肌再生医療では自身の細胞を培養して、細胞自体を注入する方法です。注入された新しい細胞が、コラーゲンやヒアルロン酸といった有効成分を生み出し、内側から肌を再生します。従って、見た目の若返りを図るだけでなく、実際に細胞レベルから若返り、その効果が時間の経過とともに続くことが望めます。具体的な施術法は2通りです。

線維芽細胞療法

耳の後ろ側など、自身の肌をほんのわずか採取し、そこからダメージの少ない線維芽細胞を取り出します。専用の機関で5週間かけて増殖・培養したのち、年齢の気になる箇所に注入します。新たなる線維芽細胞が取り込まれることで、もともとあった細胞も活性化、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が新たに作り出され、肌が内側から自然に若返ります。

PRP療法

自身の血液を採取後、遠心分離機で成長因子が多く含まれるPRP(多結晶血漿)のみを抽出します。それを年齢の気になる部分に再注入することで、成長因子が線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの生成を始め、表皮の成長も促してくれます。

 

効果は線維芽細胞自体を注入する線維芽細胞療法の方が格段に高いといえますが、その分費用も時間も余計にかかります。

肌再生医療の効果は?

肝心の効果は、細胞を注入後その細胞が新たな有効成分を生み出すという過程を経るため、施術を受けた直後に肌の調子が上向きになるわけではありません。注入後、数ヶ月かけて徐々にハリや艶がよみがえっていきます。非常に自然に肌の調子が上向きになるため、一見して美容外科でケアしたことがわからないでしょう。

ヒアルロン酸やコラーゲンを注入した時のように、シワが即座に消えるという治療ではないので、わかりやすい効果を最短で求める人には向かないとも言えます。また、注入する細胞は採取年齢時の細胞です。採取時が早ければ早いほど、若い細胞のため、現れる効果は大きくなります。

これらの効果を詳しく時系列で追っていきたい場合、本来ならクリニックのカウンセリングで医師の話を聞くのが1番ですが、クリニックにカウンセリングに行くか否かを決めきれない時は個人的に発信しているブログを見るという手段もあります。美容外科の体験記は数ありますが、ここ数年は肌再生医療を体験した多くの方のブログも探すことができます。

ブログでわかること

施術を受けた方の、実際の効果を知ることができるのは検討材料としてプラスですし、気になる施術中の痛みや傷跡の有無、ダウンタイムなど聞きにくいことも知ることができます。中には1,2年の情報ではなく、複数年経過した体験談もあるので、施術をした場合の数年後の自分の経過まで想像しやすくなります。長い効果が期待できる治療なだけに長い単位の経験談は知っておきたい情報です。また、クリニックの広告では目にすることのない、施術前、施術後の比較写真も確認出来たりするのも利点です。ただ、発信者の信頼性を見極めることが大切です。

医師が発信するブログも要チェツク

医師やスタッフが発信するブログやツィッターは、クリニックの方針、考え方を知るのに大変参考になります。最新情報が載っていることも多いので、ブログを確かめることも有効な手段です。

あくまで個人が発信するブログに専門性も保証も求められなくても、飲食店選びに口コミサイトをチェツクすること以上に、肌再生医療経験者の体験談を読むことは大いなる情報源になります。ブログを読んでいると多くの体験者が長い効果を期待していることからもわかるように、肌再生医療は数年後をも見据えた治療です。多くの声を集め検討することは必要なことかもしれません。

肌再生医療の数年後

一般的に美容外科での施術を考える時、「このシワをなんとかしたい」など今ある悩みに目を向けがちです。数年後のことまで考えて美容医療を受ける方は少数派かもしれませんが、美容医療にとって本来大切なことは数年後どういう自分でありたいかということです。

肌再生医療は、即効性がない分効果が長い治療です。数年後も治療効果が続くことは大きなメリットです。また、数年が経過し、補充した線維芽細胞の働きが悪くなったとしても、1度採取した線維芽細胞は専用の施設で保管していてもらうこともできます(有料)。そのため、採取した年齢から10年経過していても、10年前の自分の細胞を再注入できるので、いつでも細胞を採取した年齢時の肌に戻すことも叶います。継続していくならば、少しでも早い細胞の採取が高い結果を生むことは念頭に置いておく必要があります。

今や情報は個人も当たり前に発信している時代です。その情報を鵜呑みにするわけにはいきませんが、個人の情報だからと、無視してしまうにはもったいないものもあります。情報を上手に取捨選択して、肌再生医療の本当の良さを知るきっかけにしてみてもいいのではないでしょうか。

RELATED POST

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~