くまを追放して、お疲れ顔とさようなら

くま 肌再生医療

「疲れている?」と聞かれた時、大抵顔には「くま」が現れていませんか? 目の下にくまがあるだけで、疲れて見える、老けて見える、不健康に見えると印象を大きくまイナスにしてしまう厄介な存在です。多くの人はコンシーラーを厚く塗って、とりあえずごまかすなどの対処をしていると思われますが、一時しのぎではない改善方法、再生美容ならば手に入れられるかもしれません。

くまはどうしてできる? 改善法は?

ひと言で「くま」とくくりがちですが、じつは、目の下にできるくまには、青くま、茶くま、黒くまなど種類があります。

青くま

低体温、血行不良、睡眠不足、疲労などが起因して起こります。くまの色が青く、比較的コンシーラーなどで隠しやすいのが特徴です。

茶くま

目をこするなどの皮膚の摩擦によって生じた色素沈着、紫外線の影響による色素沈着が考えられます。目の下にシミが集中して茶色くなることもあります。

黒くま

たるみ、シワの影響で目の下がくぼんだり、凹みができて影になったりすることで黒く見えるのが黒くまです。加齢が原因で発生します。

原因が複合して重なり、黒くまと茶くまを併発していることもあります。しかし、いずれもくまの原因の根本にあるのは加齢です。加齢により皮膚が弾力を失い薄くなることや、ターンオーバーの周期が乱れ色素沈着してしまうことが大きな原因になります。したがって、自分でできる対策は限られてしまいます。

青くまの対策

血行不良などで起こる青くまは、目の周りを温める、血行を促進するよう軽いマッサージをすることが効果的です。ただし、目の周りの皮膚は非常に薄いので、たっぷり保湿しながらやさしく行うのがポイントです。またシャワーで済まさず入浴するなど体を温めるようにするのも改善策です。パソコンやスマートフォンの見過ぎも目の疲れから、血行不良を起こします。

茶くまの対策

メラニン色素が沈着してできた茶くまは、紫外線対策をして、それ以上色素沈着しないように予防しましょう。メイクの落とし残しも色素沈着の原因になりますので、丁寧に洗顔し、その後美白化粧品でケアするのも効果が期待できます。

黒くまの対策

加齢によるたるみが原因のため、表情筋を鍛えることが改善策です。

どのくまにも言えますが、良質な睡眠、バランスのとれた食事、適度な運動、紫外線対策などに気をつけることで、肌の細胞の活性化を図り、ターンオーバーを促すことにつながります。

加齢による目元への影響

目元は、くまの他にもたるみ、くぼみ、シワなど年齢がもろに出やすい箇所です。また、たるみやくぼみが合わさることで、目立つ隠しようがないくまにもなります。なぜ年齢とともに肌には老化現象が現れるのでしょう? 肌は大きく分けると表面に当たる表皮とその内側になる真皮に分かれています。

表皮

表皮の重要な働きには、バリア機能とターンオーバー機能があります。外的刺激から守ってくれるバリア機能は加齢によって働きが悪くなります。ターンオーバー機能は、通常28日周期で肌の古い角質を剥がし、新しい細胞と入れ替えるのですが、加齢の影響でターンオーバーが乱れると色素沈着の原因になります。

真皮

真皮の中にコラーゲンやエラスチン、そしてヒアルロン酸などが存在し、肌に潤いやハリを与えています。それらの有効成分を生み出す働きがある細胞「線維芽細胞」も真皮に存在しています。しかし、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、そしてそれらを生み出す線維芽細胞も加齢や紫外線、ストレスなどが原因となり、どんどん数が減少していきます。総数としては、40代では20代の半分以下にまで減少してしまいます。

表皮のターンオーバーの乱れ、肌を支えていた真皮の中の細胞の減少で、肌全体にシミやシワ、たるみといった肌老化が始まります。とくに、皮膚が薄い目元、口元は加齢の影響が出やすい箇所なので、それらの影響が顕著に現れます。

それなのに、くまをはじめ自分でできる目元の老化に対する改善法は、肌全体に働きかける遠回りで不確実な美容法しかありません。

しかし、美容医療の力を借りればくまに対する解決策もあります。これまでの美容医療では、くまには脂肪除去で目の下にたるんだ脂肪を除去する、注入治療で目元の皮膚に厚みを持たせるといった施術を行なっていました。注入治療に関しては、効果は高いもののあくまで一定期間しか持続性がなく、定期的に何度も同じ施術を繰り返す必要があります。

なんとかヒアルロン酸もコラーゲンも外側から注入するのではなく、内側から新たに作り出すことができたなら、という発想で生まれたのが肌再生医療です。

根本的に解決したい! 肌再生医療とは

肌再生医療には、線維芽細胞療法とPRP療法があります。くまに効果的なのは、線維芽細胞療法です。

※)線維芽細胞

自家培養真皮線維芽細胞移植術(再生医療第2種) :計画番号 PB3170025

線維芽細胞を使用した治療はこちら →http://natucli.com/cell/fibroblasts_prp_stemsup/#prp

線維芽細胞療法

自身の肌からコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞を取り出し、専用の設備で培養したのち、肌の年齢が気になるところに再注入する方法です。線維芽細胞自体を肌に再注入することで、細胞が自らコラーゲンやヒアルロン酸といった有効成分を生み出します。そのことにより、肌が内側から持ち上がり、気になる目元の厚みを取り戻すことも可能です。また、ターンオーバーも促進され、総合的にくまの解消に近づきます。

注入するのは自分自身の線維芽細胞のため、拒絶反応やアレルギーの心配も抑えられ、あくまで自分の力で細胞を生み出すので、ナチュラルでゆっくりと、しかし今までには感じられなかった改善が叶います。美容医療で心配な急に若返ったり、肌が膨らみすぎたりするような違和感もありません。その分劇的な若返りとは異なり、気がついたら数年前の自分の顔に近づいているという治療経過を辿ります。くま以外にも注入した箇所全体の総合的な若返りも期待できます。

※)PRP

多血小板血漿を用いた皮膚再生治療(再生医療第3種):計画番号 PC3170143

PRPを使用した治療はこちら →http://natucli.com/cell/fibroblasts_prp_stemsup/#prp

気持ちはハツラツとしていても、目元のくまのために元気がないように思われるのは本意ではありません。くまを解消して、「疲れている?」と言わせない表情を目指しませんか?

RELATED POST