tel 0800-800-4977

【診療時間】10:00~19:00
日曜日休診、不定休あり

お問い合わせ カウンセリング予約

浄化濃縮幹細胞培養上清液
独自の精製方法で有害物質を極限まで除去!
高濃度の成長因子を抽出

幹細胞培養上清液

浄化濃縮幹細胞培養上清液とは

独自精製方法で有害物質を除去!高濃度の成長因子を抽出

独自精製方法で有害物質を除去!高濃度の成長因子を抽出

自治医科大学発のベンチャー企業である(株)テレバイオから、無害化・浄化濃縮した幹細胞培養液の研究試薬が誕生しました。

これまでの幹細胞培養上清液と大きく違う点は、独自に開発した新しい精製方法※によって成長因子を取り除くことなく、有害物質(不純物)を極限まで除去しました。

細胞も人間と同じようにアンモニアなどの不純物を放出しており、吉村浩太郎自治医科大学教授がその点に着目し、成長因子の濃度が高い幹細胞培養上清液の抽出に成功しました。

※特許出願中


再生医療の世界的権威である吉村教授が技術顧問

吉村浩太郎自治医科大学形成外科教授

再生医療の専門家で、世界的に有名な形成外科医・吉村浩太郎自治医科大学形成外科教授が技術顧問に参画。

有害物質を徹底的に除去し、浄化濃縮幹細胞培養上清液が誕生しました。


自治医科大学発のバイオベンチャー企業

自治医科大学発のバイオベンチャー企業

自治医科大学では2020年に『大学発ベンチャー認定制度』を開始。
医大で生み出された先端医療技術を、実社会に還元することを目的に設立。

幹細胞培養上清液について

老化した細胞や傷ついた組織の再生治療に有効

幹細胞培養上清液の抽出方法

幹細胞培養上清液とは、人間から抽出された幹細胞を培養するときに使用した培養液を遠心分離させ、滅菌処理などを施した液体(上澄み溶液)のことです。

幹細胞は、さまざまな臓器の細胞組織に分化することができるため、幹細胞を用いた再生医療の発達が注目されています。

その幹細胞を培養し、幹細胞が活性化して増殖する過程において、数百種類のも液性因子(成長因子、免疫調整因子、抗炎症因子、神経再生因子など)が培養液に放出。
このサイトカインを豊富に含む培養上清液は、老化などで衰えた細胞の活性化を促し、病気の治療や美容、健康維持に絶大な効果が期待できます。

幹細胞について

幹細胞はさまざまな組織を形成している細胞に分化可能

幹細胞は、皮膚や血管・骨、心筋などさまざまな組織を形成している細胞に分化することができ、今後さらに再生医療の実用化が期待されています。

幹細胞培養上清液に含まれる主要な成長因子

幹細胞培養上清液に含まれる主要な成長因子

aFGF
線維芽細胞成長因子

真皮の幹細胞(線維芽細胞)を刺激し増殖させます。
創傷治癒、創傷治癒、シワ改善、美白効果をもたらします。

EGF
表皮細胞成長因子

表皮幹細胞に表皮細胞増産のサインを出し、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進。
シミ、くすみを改善。

IGF-1
インスリン様成長因子

新しい皮膚の細胞を再生し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の産生を促進。
ハリや弾力を再生。

HGF
肝細胞増殖因子

肝臓だけでなく、肌細胞の細胞増殖促進、細胞運動促進、形態形成誘導、血管新生などの組織再生に関わります。

TGF-β
トランスフォーミング成長因子

抗炎症作用などがあり、敏感肌の改善効果などがあります。

PDGF
血小板由来成長因子

線維芽細胞、脂肪幹細胞、上皮幹細胞など組織修復に関連する幹細胞を刺激し、分裂を促進します。

VEGF
血管内皮増殖因子

血管新生(既存の血管から分枝伸長して血管を形成)に重要な役割を果たします。

KFG
上皮細胞成長因子

毛母幹細胞に働きかけて、育毛や発毛、増毛効果を促進します。

bFGF
塩基性線維芽細胞増殖因子

血管・皮膚・筋肉などの細胞に作用し、細胞の分化と増殖をコントロール。
神経や骨の形成にも関与。

浄化濃縮幹細胞培養上清液の特長

Point.1 ~安全評価~ 不純物を極限まで除去!

培養上清液の概念を覆す革新的技術!

不純物を極限まで除去した浄化濃縮幹細胞培養上清液

医学会において、細胞が人間と同じようにアンモニアなどの不純物を放出することはほぼ知られていなかったため、市場に流通している幹細胞培養上清液は効果的な精製が行われず、不純物が約80%も占めていました。

しかし、今回新しい精製方法によって抽出された(株)テレバイオの浄化濃縮幹細胞培養上清液は、不純物を極限まで減少させることに成功。
有効成分80%という高純度を実現しました。


100%ヒト由来成分、かつ日本国内生産

ドナーは100%日本人女性

(株)テレバイオの浄化濃縮幹細胞培養上清液のすべての成分はヒト由来であり、製造工程においても動物由来の成分はまったく使用していません。

また、幹細胞のドナーはすべて日本人女性、かつ国内生産を行っていますので、安心・安全にご使用いただけます。


安心のダブルチェックで有害物質ゼロ

  • B型肝炎ウイルス(HBV)
  • C型肝炎ウイルス(HCV)
  • ヒト免疫不全ウイルス(HIV)
  • 成人T細胞白血病ウイルス(HTLV)
  • パルボウイルス B19(PVB-19)

※主要ウイルスチェックをすべて網羅

浄化濃縮幹細胞培養上清液は、伝染性のあるウイルスや細菌はもちろん、DNA断片などすべて除去。

ドナーとなる日本人女性の厳しい検査、さらに出荷前の梨品について有害物質およびウイルスの有無をチェックすることで安全性を確保しています。


Point.2 ~品質評価~ 圧倒するサイトカイン含有量

他社製には無いHGF含有量

従来よりも多量の成長因子を含有した浄化濃縮幹細胞培養上清液

幹細胞培養上清液の中で特に重要な成長因子がHGFです。
HGFは血管を新生させ、組織の修復を促進します。

また、線維を溶かす特質もあり、臓器の細胞が壊死した部分をコラーゲンなどの線維で埋めようとしますが、その線維を溶かして細胞の修復を助ける効果があります。

このHGF含有量に比例して、他の成長因子の含有量も大きくなっています。

驚くべき含有量

薄める前の HGF の含有量は
600,000~1,600,000ng/ml

技術顧問

吉村 浩太郎 自治医科大学形成外科教授

吉村浩太郎自治医科大学形成外科教授

経歴

1985年東京大学医学部卒業
1990年東京大学形成外科 助手
1994年医学博士(東京大学)
1994~95年米国ミシガン大学形成外科留学
1998年東京大学形成外科 講師
2015年自治医科大学形成外科 教授

学会理事暦

日本形成外科学会(JSPRS)理事、監事、国際委員長ほか
日本形成外科学会(JSPRS)理事企画調査委員長ほか
日本オンコプラスティックサージャリー学会(JOPBS)理事
日本抗加齢医学会理事
米国研究形成外科学会(PSRC)アジア担当理事
国際形成外科再生科学会理事長
ISAPS 国際美容外科学会 日本代表(National Secretary)
IFATS 国際脂肪研究学会理事、President(2019)


委員歴

医薬品医療機器総合機構(PMDA)専門委員
日本学術振興会 科学研究費専門委員
観光庁 インバウンド医療観光に関する研究会委員
経済産業省 再生医療の普及のために必要な保険に関する研究会
消費者庁 消費者安全調査委員


受賞

2016年Maliniac Lecturer Award(第38代)
(米国形成外科学会、最優秀外国人形成外科医賞)
2015年Aesthetic Stem Cell Society Presidential Award(米)
2015年Doctor Benapres Award(西)
2013年日本形成外科学会 学術奨励賞
2012年Johnson and Johnson Focused Funding Award(米)
2011年IMCAS Award(仏)
2011年日本形成外科学会 学術奨励賞
2010年Professor Illouz Award(仏)

Topics

1995年 東京大学形成外科にて【東大式トレチノイン療法】を開発。
シミ、ニキビ、くすみなどに有効な治療として国内外の多くのクリニックで導入されている。

2004年 脂肪幹細胞を利用したCellAssisted Lipotranfer を開発し、世界に先駆けて臨床研究を実施した。

浄化濃縮幹細胞培養上清液の問合せ先

お問合せ、導入をご検討されます企業様・医師の方はこちらへお願いいたします。

ネイチャーバイオニックス株式会社
(ナチュラルハーモニークリニック表参道MS法人)
03-3400-4777

(受付時間:10:00~19:00 ※日曜日定休、不定休あり)

おすすめ施術