tel 0800-800-4977

【診療時間】10:00~19:00
日曜日休診、不定休あり

お問い合わせ カウンセリング予約

身体(体内)の再生医療
自己脂肪由来間葉系幹細胞による点滴療法

身体(体内)の再生医療

身体(体内)の再生医療

加齢によっておこる身体の不調を、自己脂肪由来間葉系幹細胞を使用して身体の中から治療します。

加齢によっておこる身体の不調を、自己脂肪由来間葉系幹細胞を使用して身体の中から治療します。
薬やサプリメントで“補う”のではなく、“自分の力を引き出す”医療です。

自己脂肪由来間葉系幹細胞とは?

骨髄や脂肪組織などの中に存在する間葉系幹細胞は、新しい細胞を増やす「種」になることのできる細胞です。身体の修復や再生を行う幹細胞は、加齢と共に減少します。幹細胞が減少すると、組織の修復が間に合わず老化現象として現れます。この減少したご自身の幹細胞を補うことで、傷ついた部分や老化した部分を補修し、身体全体の若返りを目指します。

脂肪幹細胞には、「自己複製能力」と「分化能力」の大きな2つの特性があります。同じ特性を持つ成体幹細胞として、他にも臍帯血、胎盤、骨髄がありますが、とりわけ脂肪幹細胞は採取が容易なこともあり多くの量を採取できることから注目を集めています。

一度体内から取り出して培養した自己脂肪由来間葉系幹細胞は、成長因子の分泌が活発になります。体内に戻されると、骨細胞、軟骨細胞、繊維芽細胞、骨格筋細胞、脂肪細胞などに分化し、さらに分泌される成長因子が他の細胞の成長にも良い影響を与えます。

  • チェックリスト 身体(体内)の再生医療の特長
  • 性別問わず治療ができる
  • 自分自身の幹細胞で若返りを図る
  • 重篤な副作用がない
  • 更年期障害の様々な症状を治療

脂肪幹細胞① 同じ幹細胞が増殖する 自己複製能力

脂肪幹細胞①

幹細胞は分裂を繰り返すことにより、自分と同じような形と能力を持つ別の細胞を創り出すことができます。


脂肪幹細胞② 他の組織細胞に変化する 分化能力

脂肪幹細胞②

脂肪幹細胞は、脂肪細胞だけでなく、必要に応じて、身体のさまざまな組織細胞に変化することができます。