幹細胞バンクとは?現在の美容医療の新常識

バンク 幹細胞治療

昨今の再生医療の発展により、「IPS細胞」や「幹細胞」というワードを目にしたことがある方も多いと思います。

現在では、これらの細胞を使って世界各国で研究が進められています。再生医療が一般化することで、今まで治せなかった難病に対しての完治も期待することができ、世界から注目を集めている医療の1つです。

そんな再生医療は、美容領域においてもさまざまなアプローチが試みられており、今では幹細胞を患部に注入する方法や線維芽細胞というコラーゲンやヒアルロン酸などを生み出す細胞を患部に注入すると行った方法の治療が行われています。

その治療に何と言っても欠かせないのが、「バンク」の存在です。今回はそのバンクについての解説をします。

幹細胞に関する基礎知識

ヒトの身体にはさまざまな細胞があり、各細胞が身体の中で重要な役割を持って働いています。今こうして身体を動かせるのも元気な細胞のおかげです。

細胞には、心筋や皮膚、血液といったさまざまな場所に生息しており、場所によって姿形を変えて機能しています。そんな中、今幹細胞が注目を集めている理由の1つがこれらの細胞を生み出す力があるからです。

厳密に言えば幹細胞には「多分化能」という特殊な力があり、どの役割の細胞にもなれるという力があります。

また、幹細胞にはもう1つ「自己複製能」という力も備わっています。この力は、全く同じ細胞に分裂することができるという力でこの力を使い細胞を増やしていっています。

幹細胞バンクとは?

幹細胞は知っていても「幹細胞バンク」は見聞きしたことがあるという方も少ないのではないでしょうか。

そもそも、幹細胞を使った治療をする多くは、患者さまから採取した幹細胞を「培養」するケースが多いと言えます。

この幹細胞を培養するといっても専門的な機関でなければ行うことはできません。その培養行う機関の1つが「幹細胞バンク」です。

幹細胞バンクは幹細胞を培養したり保管したりする場所。また、その幹細胞を使って研究を進めている機関など幹細胞バンクによって目的はさまざまですが、美容的なアプローチに用いられるのは「培養」と「保管」です。

幹細胞バンクには認可が必要

患者さまから採取した幹細胞を保管や培養したりする幹細胞バンクは、そもそも認可が必要です。通常の医療機関ではこの行為を行うことは基本できません。幹細胞バンクは厚生労働省から安全性と技術が認められているところでしか幹細胞バンクになり得ません。

幹細胞の治療を行う場合も国が認可した病院で

幹細胞バンクだけではなく、再生医療の技術を使った治療をしている美容クリニックなども国から認可を受ける必要があります。

研究は進んでいるものの、再生医療にはリスクはつきもので安全に行える医療機関でなければ行うことはできません。

そのため、幹細胞や再生医療の技術を使った美容治療を行いたい方は国から認可を受けているクリニックなどに受診するようにしましょう。

ナチュラルハーモニークリニック表参道は認可されたクリニックです

ナチュラルハーモニークリニック表参道は、厚生労働省から認可を受けている美容クリニックです。

再生医療の技術を使ったアンチエイジング治療に対して、興味や関心がある方は、1度無料カウンセリングへお越しくださいませ。

再生医療の技術を使ったアンチエイジング治療は新風と言えるでしょう。しかし、認可の必要があるため再生医療を使った治療を行える医療機関は未だ少ないのが現状です。
しかし、今認可されている医療機関は高いレベルかつ安全にアンチエイジングが行えるという裏返しでもあるので、安心して治療が行えることでしょう。
再生医療を使ったアンチエイジングで新しい道を見つけてみてください。

この記事のキーワード一覧

RELATED POST

カテゴリー

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~