再生医療にかかるお金はどれくらい?治療ごとに解説します

幹細胞 費用

今まで治療法がなかった、あるいは治療の選択肢が少なかった病気の治療に、再生医療が応用されはじめています。さらには美容医療の分野でも、一時的な効果ではなく永続的な効果が望めるエイジングケアとして、再生医療が行われています。
再生医療はこれからの未来を担うと言っても過言ではないほど大いに期待されている新しい医療ですが、医療費が高額であることも知られています。

再生医療のほとんどは、ごく少数の治療を除いて公的な保険が適用されません。そのため、受けたいと希望する方は、医療費の全額を支払わなくてはなりません。一体どれくらい、費用がかかるのでしょうか。

今回は、再生医療にかかる費用について解説します。

再生医療とは

人間に対する再生医療とは、自己修復能力を引き出すことによって病気や事故で失われた身体の機能を回復させたり、形状を修復したりする医療のことです。
現在行われている方法には、臓器や組織を培養して移植するものや、どんな細胞にもなれるiPS細胞やES細胞などの多能性幹細胞を利用したもの、もともと私たちの身体の中にある体性幹細胞を移植するものなどが挙げられます。

再生医療は人の生命と健康に与える影響の程度に応じて「第1種再生医療等」「第2種再生医療等」「第3種再生医療等」の3種類に分類されます。
「第1種再生医療等」は、ES細胞、iPS細胞等の遺伝子操作を行った幹細胞を応用するもので、これまで人間に応用されたことがないため、一番高いリスクがあると考えられます。そのため現在でも治療は行われておらず、主に大学病院や国の医療機関に限って臨床研究が認められています。
「第2種再生医療等」は、幹細胞を培養して研究や治療を行うものです。例えば、造血幹細胞や神経幹細胞、体性幹細胞など、あらかじめ決まった細胞にしか分化(変化)しない幹細胞を用います。
「第3種再生医療等」は、幹細胞を培養せず相同利用※する治療や、幹細胞以外のもの利用して培養せずに身体や機能の再建をおこなう治療がこれにあたります。

再生医療を行う医療機関は、それぞれ提供する医療によって、国の認可を得ることが求められます。

※相同利用とは、採取した細胞が再生医療の対象となる部位の細胞と同じ機能を持つという細胞の投与方法です。

具体的な治療と、その費用

現在では、さまざまな再生医療の臨床研究や治療が行われています。ここでは分類ごとに具体的な治療と、その費用をご紹介します。

①第1種再生医療等

「滲出型加齢黄斑変性症の治療」

滲出型加齢黄斑変性症とは、人間の目の難病の一種です。網膜の中心にある黄斑部の機能が低下して、目が見えにくくなるという病気です。これまでは、薬剤を注射したり弱いレーザーをあてて治療していましたが、症状の進行を抑えたり遅らせたりするだけで、完治はできませんでした。
再生医療では、iPS細胞から作製した網膜色素上皮細胞を移植する臨床研究が、2014年から行われています。

この治験には、患者1人につき約1億円かかったと報道されています※。移植用の細胞をつくる費用、細胞移植手術の費用、その他の保険診療として認められていない検査等の費用は患者が負担するのではなく、研究費や製薬会社が負担します。

※読売新聞 https://medical-tribune.co.jp/news/2017/0211506423/

②第2種再生医療等

「変形性膝関節症の治療」

変形性膝関節症とは、加齢や肥満、使い過ぎなどにより、膝関節にある軟骨がすり減ってしまったり、痛みや炎症などを生じる病気です。日本では約2,400万人が発症していると言われており、歩行障害など深刻な症状を引き起こします。

この膝関節に自己の幹細胞を培養・増殖して注入して、鎮痛効果・膝軟骨の修復を目指す再生医療が、当クリニックをはじめ、自由診療の医療機関を中心に行われています。

費用は各クリニックによって異なりますが、幹細胞投与だけで100万円以上かかります。

③第3種再生医療等

「PRPによる美肌治療」

自己の血液に含まれる成分を利用して、顔のシワやクマ等の改善を図るPRP治療。現在の再生医療にかかる法律が整備される以前から日本に登場し、新しいエイジングケアとして、すでに一般にも認知されつつあります。PRPとは血小板のことで、注入することで肌内部から成長因子が働きかけ、自然な肌の若返りを目指します。

多くの美容クリニックでも導入され、最も多くの方が受けた再生医療は、PRP治療かもしれません。

費用は、一部位(例・ほうれい線)で20〜30万円かかるところが多く、一般的な美容治療と比べても高額です。

高額な治療費をかけても行う意義

2014年に法整備されてから2019年の今年で約5年、再生医療はまだまだエビデンス(医学的根拠)を検証する段階の医療です。治療の効果も安全性も、今まさに検証している段階で、公的な医療保険が適用されるレベルには至っていません。

それでも、根本的な治療法のない病気の方や、移植用の臓器を待ち望んでいる方など、新しい治療を心待ちにしている方々が大勢いらっしゃいます。再生医療は、将来的に大きな可能性を秘めていることに間違いありません。

すでに一定の結果が期待できると判断されている治療も出てきています。このまま研究が進むと、世界中の人々の大きな希望となる可能性も多分にあります。

支払う医療費を補填してくれる制度

再生医療のなかで、初めて保険適用された治療があります。脊髄損傷を治療するための、治療用幹細胞薬です。

これは患者の骨髄液から幹細胞を取り出して1万倍まで増殖させ、静脈内に点滴で注入する治療で、歩行機能が低下した重度の方を対象としています。体内に投入された幹細胞は脊髄の損傷部位に集まって、回復を促すとされています。

薬価は1回当たり約1,500万円ですが、公的医療保険の適用により1〜3割の費等負担と、さらに高額医療費制度の対象となります。

さらに一部保険商品では、高度な医療技術を用いた先進医療をカバーするタイプの商品も登場しています。今後は、再生医療を対象とした商品の登場も望まれるところです。

 

日本は再生医療大国として、世界のトップを走るまでになっています。国を挙げて多額の費用をかけて、環境を整備し、研究を邁進する、まさに一大国家プロジェクトと言えるでしょう。
再生医療の実用化が早く進み、公的医療保険の対象の幅が広がる未来が早く来ることが期待されます。

この記事のキーワード一覧

RELATED POST

カテゴリー

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~