再生医療が、肌のダメージに対する救世主となる?

ダメージ 肌再生医療

最近、見聞きする機会が増えた「再生医療」。iPS細胞やES細胞などが脚光を浴び、再生医療が医療分野において注目されるようになりました。

今でも多数の薬品メーカーや医療機関が再生医療の分野への研究を進めており、法整備も整えられています。

美容領域においても、「再生医療」を用いた「肌再生医療」という治療ができる医療機関や美容クリニックが増えてきており、老化や紫外線などによって受けた肌のダメージに対しての効果が期待されています。

肌再生医療とは?


美容業界で話題になっている「肌再生医療」は、患者自身の細胞や血液などを使ってシワやたるみなどを改善に持っていくアンチエイジングの方法です。

自らの細胞を活性化させ元ある状態へと戻していく治療です。

ヒアルロン酸注射などとの違い

シワやたるみに対してアプローチできる方法としてヒアルロン酸注射やコラーゲン注射などの方法が従来では取られてきました。

今でも人気の治療法ではありますが、肌再生医療とは根本的な部分が違います。

ヒアルロン酸注射やコラーゲン注射は言わば「その場」の改善をする治療法です。しかし肌再生医療は、細胞の活性化に対してアプローチをし、「根本」を治療してアンチエイジングをしてく治療法です。

肌の老化に対する根本理由にアプローチする手段なので肌再生医療は注目を浴びているということです。

限りなく低い副作用

肌再生医療は、自分の細胞や血液を使って行う治療法です。そのため、ヒアルロン酸注射などとは違い、副作用のリスクが低い治療法になります。

肌再生医療は紫外線やストレスでダメージを受けた部分にも効果的?


老化の根本的な部分であるところにアプローチできる肌再生医療ですが、紫外線やストレスなどでダメージを受けた肌にも効果が期待できます。

肌の老化のメカニズム

肌のシワやたるみが出来てしまう大きな原因のひとつは「老化」です。肌の弾力や潤いは「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」と呼ばれる物質で保たれており、これらが減少することでシワやたるみが起こります。

これらの物質は、肌の真皮に存在している「線維芽細胞」と呼ばれる幹細胞から分化して作られた細胞によって生み出されており、線維芽細胞が働かなくなることによってコラーゲンやヒアルロン酸が生成されなくなります。

紫外線やストレスでダメージを受けても…

この線維芽細胞は紫外線やストレスなどで受けるダメージでも減少してしまう(※1)細胞です。

肌再生医療では、老化だけではなく、このように外的要因からダメージを受けた細胞に対しても肌再生医療によって細胞を活性化させることで改善できると期待されています。

※1.肌細胞注入療法
https://www.saisei-mirai.or.jp/racs/

肌再生医療の種類

肌再生医療といっても、治療法は1つだけではなく、いくつかの方法があります。医療機関や美容クリニックによって呼び方が変わっているケースも多く、さまざまですが、大きく分けて「線維芽細胞」などの細胞を直接注入する方法や「幹細胞培養液」を注入するする方法、血小板を直接導入する方法の3つが代表的です。

肌再生医療でのエイジングケアは認可の医療機関や美容クリニックで

肌再生医療は新しい技術です。そのため、国から認可が下りている医療機関や美容クリニックでないと治療することはできません。

高度な技術と高い信頼性があるところで治療をしましょう。

ナチュラルハーモニークリニック表参道は認可クリニックです

ナチュラルハーモニークリニックでは、線維芽細胞を培養して直接注入する「線維芽細胞療法」や血小板を使った「PRP療法」、脂肪由来幹細胞の培養上清を使った「ステムサップ」など肌再生医療のプランを取りそろえているクリニックです。

無料でカウンセリングも行なっているので気になる方はお気軽にお越しくださいませ。

肌再生医療が行える医療機関はこちら →https://natucli.com/

老化やストレス、紫外線により肌は日々ダメージを負っています。それに伴い、シワやたるみなどとして肌に現れてきます。
女性としてシワやたるみは解消したい肌の悩みのひとつです。これを機に新しいアンチエイジングを試してみてはいかがでしょうか。

この記事のキーワード一覧

RELATED POST

カテゴリー

再生医療コラム ~再生美容でbeautyを叶える道~